2005年11月29日

【特集】Gの真相

元気一杯.JPG

おつかれ麺です。オゴポコです。本日は麺休日につき、特集です。

福岡市民なら、誰もが一度は耳にしたことのある都市伝説、ラーメン店「G」
徹底的な取材拒否、厳格なマナーの強要、ルールを破った客への叱責等々、様々な噂が飛び交い、某掲示板では毎日のように誹謗中傷、議論が繰り返されています。
にも関わらず、一方では福岡一濃厚かつウマイ豚骨ラーメンという声もよく耳にするなんとも不思議な店。
果たして、真相はどうなのか?

今回は拉麺本位部員の証言も交えて、真実の情報をお届けします。
なお、今回の特集はブログ始まって以来の長文なので、時間に余裕があるときに読んでください。

【Gとは?】
正式な店名は「元気一杯!!」
しかし、我が部では畏敬の念をこめて、コードネーム「G」と呼んでいます。


【どこにあるの?】
住所非公開のため、正確な住所はお教えできませんので、大体の行き方を記します。
博多駅博多口を出て、大博通りを福岡サンパレス方面へ、交差点「蔵本」まで直進します。
(地下鉄2駅分以上歩くので、バスか地下鉄を利用すると良い)
さらに、大博通りに面したガソリンスタンド横の路地を入ってしばらく歩くと見つかるでしょう。
開店の目印は、行列客用のタバコ吸殻入れのバケツです。


【営業時間は?】
「スープが出来てから、スープが終了するまで」です。
冗談でもなんでもなく、これが店内に掲げてある正式な営業時間です。
でもこれではあんまりなので、目安をお教えしますと、大体12時ごろに開店することが多いようです。
運が良ければ20時ごろまで開いているようですが、早めの訪麺をおすす麺します。
定休日は第3日曜日です。


【色々とルールがあるみたいだけど?】
はい。事実です。まずはGの基本法を列挙します。
取材拒否、子連れ禁止、ケータイ禁止、一見さん禁止、タバコ禁止、撮影禁止。
これらは店側からは事前に教えてくれない法律なので、あらかじめ覚えておいてください。
更に、店内に入ってからラーメンを食べ終えるまで、守るべき法律があります。

※一見さんの定義ですが、ここでは、店から見て明らかに初めての客であることがばれた場合を指します。
例えば、インターネットの記事を見ながら入ってくる、店員にお勧めの品を聞く等。
よって、初回であっても、予備知識を仕入れて普通に振舞ってさえいれば、
ばれることは少ないようです。
※一度でも退場させられた場合は、店側が顔を覚えていて、入場即退場となっているケースはよく見かけます。

【え、その法律って?】
具体的に、行列に並ぶところから食べ終えて出るまでを、判例を交えてシミュレーションしてみましょう。

まず行列。ここではあまり緊張することはありません。愛想のよい奥さんが誘導してくれるまで
気長に待ちましょう。店内に入ってからは、奥さんの指示に従って着席します。
はい、ここで第一チェックポイントです。
目の前に辛し高菜の壷が置いてあります。ラーメンが来る前にこれを食べると即レッドカードで一発退場です。
店主曰く、「高菜を先に食べるとラーメンの味がわからなくなる」からだそうです。
「じゃあ置いとくなよ」とツッコミたくなるのは分かりますが、ここはもう日本ではありません。元気一杯という国なので、そこの法律には従わねばなりません。
さて、注文です。
ここが第二チェックポイントです。
メニューをよく見ましょう。大盛りがありません。
何も考えずに「大盛りラーメン」を注文した瞬間、レッドカードです。
「大盛りを食べたいなら他所へ行け」と指導されます。
また、以前は「背脂いっぱい」というオプションがあったのですが、いまはありません。
これを頼むと、さすがに退場はありませんが「メニューからお選びください!」と元気よく注意されます。
イエローカード1枚ゲットです。
ちなみに、麺のかたさは指定可能です。
ほどなくしてラーメンが運ばれてきます。第三チェックポイントです。
奥さんから、「まずはスープからお召し上がりください!」とにこやかにアドバイスが告げられます。これを無視して、麺から食べる、または、スープをかきまぜると、ピピーーッ、一発退場決定!です。
どうやら、このスープの法律を犯すことが最も罪が重いらしく、
死刑に相当する出入禁止を宣告された客もいます。
ここまでしてラーメンを食べ終えたあと、お勘定は普通に手渡しで払い、店を出ます。


【ほんとにおいしいの?】
うまいです。点数は5.0点です。
麺は博多製麺の極細麺で特筆すべきものではありませんが、スープが尋常ではありません。
まったりとしたスープはエスプレッソのような濃縮された食感を持ち、かと言って久留米系ラーメンのような
骨髄ザラザラというわけではありません。久留米と博多のいいとこ取りのようなスープです。
これに麻薬のようなヒキの強さを持つ油が乗っかります。かなりの濃さなので敬遠する人もいることはいますが、博多に30年住んでいる生粋の博多っ子のプルプル部員(豚骨担当)に
「俺がいままで食べてきた豚骨ラーメンは何だったんだ・・・」
と言わしめたほどの破壊力を持っています。
さすが、店主曰く、「スープの開発に5年を費やした」だけのことはあります。
しかし、スープに力を入れ過ぎたためか、具は平凡です。


【体験談とか聞かせてもらえますか?】
わかりました。拉麺本位部員が目撃した実話をここで公開します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(じーの副部長)

僕が注文後、ラーメンを待っていると、50歳前後のおじさんが背後のカウンター席でラーメンを注文
してしばらくすると、店の奥さんとそのおじさんが何やら口論しているではないですか。
以下やりとり

店の奥さん:「うちのルールに従っていただけない方はお断りしていますので..。」

おじさん:「わかったよ。スープから食べるから。」

途中から店主が会話に割って入る

店主「いや、スープから食べればいいというわけじゃなくて、うちの考えに合わない方はもういいですから。」

おじさん:「だからスープから食べるから」

店主:「世の中には3種類の方がいます。ラーメンを食べる際に一つはスープから食べるのが好きな人。 2つ目は麺から食べるのが好きな人3つ目がどっちでもいい人。うちはスープから食べるのが好きな人のみに来ていただいていますので、お客さんは麺から食べるのが好きなんですよね〜。

おじさん:「...」

店主:「これは強制とか押し付けとかいうもんじゃなく、うちはそういうお客さんしか来ないんです。だから看板も出してないでしょ〜!」

おじさん:「だったら、店の外にスープから先に飲まないとダメって書いておけばいいじゃないか〜!(怒)」

ざっとこんな会話が繰り広げられ、店内にはピリピリした雰囲気が張り詰める。
おじさんが言うことももっともな感じだし、何だか食べずに追い出されたのは可哀想な気もしたけど、この店はホントにこういう店なのでいくらどうこう言っても結局、客が従う以外に他はないのである。これで美味くなければ誰も来ないんだけど、それなりに美味しいから経営的にもやっていけるのだろう。
それにしても、いい歳こいて社会ではそれなりの地位もあろう人があんな公衆の面前で血祭りにあげられるのは本当にみていて可哀想でした。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(OH部員)

先週どこかの昼休みに元気一杯に食べに行きました。
そのとき、いつものごとく外には10人ほどの列。
どれくらい並ぶんだろう?とタバコを燻らせながら待っていた所、
甲高い声の店主夫人が出てきて、夏休みの思い出作りに元気一杯に並んでいたのであろう家族に対し、夫人は容赦なく
「子連れお断り」
と理由の元追い返していました。
家族はコインパーキング代を無駄にしておそらくファミレスへ向かったように見えました。
そのときの兄弟の顔はいつかこの恨み晴らしてやる的な形相で車に乗り込んで行きました。
怖いですねぇ。

事件はこれだけではありませんでした。
私たちのちょうど後ろに並んでいたリーマン2人が店内に入り、席に座るや否や携帯を操作し始めました。またまた夫人が携帯の使用は止めてください。もういいから帰ってくださいとの独裁権力行使によりリーマンを追い返そうとしていました。そこは百戦錬磨のリーマンと見え、先ほどの家族とは打って変わり反撃を行いました。
携帯の電源を切りましたのですいませんでした。と自分の非を認め素直に謝っておりましたが、店主夫人は頑固でした。
「ちゃんと書いてあるでしょう。マナーが守れない人は出て行ってください」と店主夫人も攻勢の手を緩めません。
店主も加わり、「初めての人に食べてほしいなら暖簾出してますよ!」
これが決め手となり、リーマンも諦め、戸をあけたそのとき夫人がとどめを指しました。
「社会人にもなってマナーも分からないんですか?」
店にいた人全員がその言葉にドン引きしてたのは言うまでもありません。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【最後に】
体験談、恐ろしいですね〜!我ながら、よくラーメン撮影できたな〜と感心しております。
たしか撮影したのは2年ほど前なんですが、その頃はいまほど厳しくなかったんです。
電話番号も公開していたので、電話確認して食べに行ってた位です。何が元気一杯をここまで
したのか分かりませんが、わざとこれをやっているとしたら相当な役者ですね。
多分、素だと思いますが。




posted by 拉麺本位 at 00:00 | Comment(22) | TrackBack(3) | 特集
この記事へのコ麺ト
こんばんは。
コメント&トラックバックありがとうございました。

元気一杯の記事を読んで改めてあの居心地の悪かった時の事を思い出してしまいました(笑)
自分も結構な数のラーメンを食べましたが、あんなに緊張したのは初めてでした。

もっと居心地が良くて麺がもっとよくなるとさらに食べた時のイメージが良くなるのでしょうけどね。
Posted by たけひこ at 2005年11月30日 22:47
コ麺トありがとうございます。
そうですね〜、遠くからわざわざ食べに来た人は、特に不快感を覚えるかもしれませんね。
居心地がよくなるには常連になるしかないんですが、あのルールが無くなるときは店が無くなるときでしょうね。それくらい頑なですから。
あれもひとつの個性として受け入れるしかないと思ってます。
Posted by ジロー部長 at 2005年12月01日 00:13
DoCoMoのiモードMenu、福岡FBS放送の中のiモーションコンテンツで元気一杯のラーメンが見れます。動画ですんでFOMAに限られます。
Posted by 達也 at 2006年01月07日 11:33
達也さん、コ麺トありがとうございます。
元気一杯の動画はできれば自分で撮りたいところですが、
あまりにも無謀なのでiモードで見てみます。
情報提供ありがとうございます。
Posted by オゴポコ at 2006年01月10日 00:21
お疲れ麺です。
私もよくGに通う者です。初めてGのラーメンを食したときには感動をしたのを覚えております。この店では、まずスープから食しないと駄目なんですが、それをワザワザ説明する奥さんの目がコワイ、しかし、それを乗り越えれば濃厚で臭みの無い豚骨スープをおいしく味わえます。あとは、麺とチャーシューをおいしく食せば満足の域に達します。
そこでオゴポコさんに質問なんですが、Gでは携帯電話が禁止で、同行者との大きな声での会話も禁止されています。もしGのラーメンを食している時にマムシに噛まれたらどうしたら良いのでしょうか?
Posted by モリエンテス at 2006年02月07日 19:40
>モリエンテスさん
遠くスペインからわざわざありがとうございます。
ワールドカップでの活躍を期待しております。
さて、Gでマムシに噛まれた場合ですが、マニュアルによると、
このケースでは大声をあげてはいけません。
ただし、ハブの場合は別です。ハブは危険です。
すぐに女将さんに向かって、
「まずはハブから退治してください!」
と告げてください。
あと、ニシキヘビの場合についてはマニュアルに載っていませんので、
次回訪麺の際に店主に聞いてみてください。
それでは。
Posted by オゴポコ at 2006年02月07日 23:37
こんばんわ!!リヴァプールの19番です。
先日のご回答ありがとうございました。マムシに噛まれた時は我慢して替え玉します。
昨日、私は11日にウィガン戦を前に景気づけにGにラーメンを食いに行きました。先週食したときにも気づいたのですが、スープがどうも以前より黄色くなっており、しかも嫌な臭いがすると思えば強烈なカンスイ臭でした。2食続けて満足できるラーメンではありませんでした。オゴポコさん、良ければ今度確認に行ってみてください。
さて、本日の質問ですが、Gには厨房の奥にあるかもしれませんが探してもトイレが見当たりません。Gのラーメンを食しているときトイレに行きたくなったらどうしたらよいのでしょうか?またあのご夫婦はトイレはどうしているのでしょうか?
Posted by モリエンテス at 2006年02月11日 21:40
モリエンテスさんへ
>マムシに噛まれた時は我慢して替え玉します。
ご麺けど、お願いします。
替え玉のときは、スープから飲んだ方がよいのかどうか、わたしはいつも迷います。

>オゴポコさん、良ければ今度確認に行ってみてください。
カンスイ臭ですか。湯切りが甘いのかもしれませんね。
客の行動に目を配るあまり、基本をおろそかにするとは。
わたしは次回、レッドカード覚悟で撮影に挑戦するつもりです。

>Gのラーメンを食しているときトイレに行きたくなったらどうしたらよいのでしょうか?またあのご夫婦はトイレはどうしているのでしょうか?

トイレ用のペットボトルが手渡されます。それで我慢しましょう。
ご夫婦は各自専用の一升瓶を持っているようです。
(ウソですよ、ウソ)
Posted by オゴポコ at 2006年02月12日 11:32
ご無沙汰麺です。ワールドカップは除外され、バレンシアに移籍した。モリエンテスです。
さて、本日耳にした「元気一杯」の大将の名言を報告します。

若僧がラーメンが来る前に高菜を食べたものと思われる。
女将「うちはラーメンはスープから味わってもらうものなんですよ。守れない方は出て行ってください」
若僧「そんな」
大将「そういう食べ方する人にはカップラーメンがお似合いですよ。帰ってカップラーメンを食べたほうがいいですよ」
若僧「○○(おそらく遠方)からワザワザラーメンを食べるために来たんですよ。何とか食べさせてください」
大将「お宅はラーメンマニアですか。私はラーメンマニアに食べさせるためにラーメンを作っているわけじゃないから、こんな郊外に看板もなし営業しているんです。そりゃ、うちのラーメン食べるために北海道から来る人もいますよ。でもマナーを守れない方には食べていただいておりません」
若僧「・・・・・」
大将「うちもお宅からお金を取らないんだし、お相子でしょ。出て行ってください」
若僧 無言のまま退場・・・

すばらしい退場劇、そして名言の応酬でした。

また、ネットでこんな元気一杯を非難する書き込みが見られますが、モリエンテスとしてはこのままのスタンスで営業を続けていただきたい所存です。だって退場シーンって面白すぎるから。

※今後もこんな若僧の活躍(退場)に期待しております。






Posted by モリエンテス at 2006年07月28日 23:04
相変わらずのG詣で、おつかれ麺です。

>カップラーメンがお似合いですよ
>私はラーメンマニアに食べさせるためにラーメンを作っているわけじゃないから

こういう客への決めゼリフとして用意しているかのような名言ですね。
「Gの名言集」として記事をまとめたい位です。
今後も名言情報期待してます。
Posted by オゴポコ at 2006年07月30日 19:55
普通に入っていってどこの席に座ろうかなぁと見回していたら、おばはんが「一見さんはお断りしてるんで〜♪」
あっそう。と思って座ろうとしたら、おばはんが、「一見さんはお断りしてるんで〜♪」を連呼。
このおばはんは基地(ピヨピヨ)か!?
気持ち悪くなって帰ったよ。俺も基地(ピヨピヨ)はお断りなんで〜♪
いやー、この店の人は(ピヨピヨ)んでほしいねぇ。
Posted by at 2006年09月02日 16:11
>(名無し)さんへ
一部、当ブログに不適切な表現が見受けられましたので、
修正を施しました。
Gを楽しめる精神力が身についたら、またコメントお願いします。
Posted by オゴポコ at 2006年09月02日 20:40
法改正
@2007年から
 ラーメン500円→600円に値上げ決定。

Aスープ改良:11月に今までのスープを廃棄  し、新たにスープを作ったとのこと。

追伸:早く食べに行け。
Posted by ダイケン at 2006年12月13日 16:49
>ダイケンさん
あの店からスープの製法を聞けるとは、
もう「Gマスター」といってもいいくらい常連やな〜!
久々に行きたいけど、日曜休みってのが・・
Posted by オゴポコ at 2006年12月13日 21:42
>ダイケンさん
味変わったんですか!?
Σ(゜口゜;
Posted by A.E.U.G. at 2006年12月14日 03:07
>A.E.U.G.さん

スープの味は、以前より旨みが出ております。
店主と奥さんも味が変わっていることを認識しているようでした。
行かれましたら、感想をお願いします。
Posted by ダイケン at 2006年12月14日 17:28
>ダイケンさん
>A.E.U.G.さん
なるほど〜、つまり、Gはニュータイプになったということですね〜!
Posted by オゴポコ at 2006年12月15日 01:22
一見さんお断りだったら、
開店後、一番最初に来たお客は誰なんでしょう??
これだけハードな店ならば
親類縁者とか知り合いとか友人に「開店したから食いに来てくれ」
なんて言うのはきっと屈辱でしょうし。

開店後ずぅぅぅっと待ってやっと来たお客に
「ウチは一見さんお断りなんで!」
とか言うんでしょうか。ナゾです。
Posted by 6684 at 2008年05月17日 05:05
高菜だけ腹いっぱい食って無料で退場してやろうかな。。。
Posted by あほ at 2008年05月17日 18:16
>6684さん
とにかくナゾの多い店ですから。
ちなみに拉麺本位は一見OKです。

>あほさん
高菜は激辛なので難易度は高いでしょう。
Posted by オゴポコ at 2008年05月17日 22:13
こんにちは。
突然すみません。
私、東京でテレビ番組を制作しているものです。

今回、私どもでラーメンに関する番組を企画しております。
その中で、福岡県内でラーメン屋を探しているのですが、
こちらの記事に書かれている元気一杯、面白そうですね。

とても興味があるのですが連絡先が探しても見つかりませんでした。
もし可能でしたら、連絡先を教えて頂くことは可能でしょうか。
よろしくお願い致します。
Posted by フセ at 2010年08月24日 12:52
>フセさん
面白いというか、怖いというか、美味しいというか。
詳細は「自己紹介」欄のメールからお問合せください。
Posted by オゴポコ at 2010年08月25日 01:22
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック

元気一杯@呉服町
Excerpt: 11月4日(金)の夜に呉服町にある元気一杯を訪問しました。このお店は写真がないので感の良い方は気づかれたかもしれないですが、写真を撮っていけないという事で有名なお店です。このお店に行く前に以前東京でも..
Weblog: たけひこのラーメン全国食べ歩き
Tracked: 2005-11-30 22:46

信じられないラ-メン屋がある
Excerpt: え〜と詳しくは↓にて。 拉麺本位 〜 福岡および全国のラーメン情報 http://ramen-standard.seesaa.net/article/9987380.html こんな店があるんだ..
Weblog: リーマンラーメンin名古屋
Tracked: 2005-12-29 15:21

パーキングがすごくよかった
Excerpt: 88日目 洗車・夢楽童子 つるちゃん@西宮・【特集】Gの真相
Weblog: オプションの厳選紹介
Tracked: 2007-08-06 10:34
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。