2008年06月01日

井出商店@和歌山 / なんですか?この状態は?でも安心したよ、超有名店

井出商店.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

引き続き「オゴポコチャレンジ」。これが「修造チャレンジ」をもじっていることは既にお伝えしましたが、
その「修造チャレンジ」の中で、今でも忘れられない特訓があります。それは、修造氏が小学生を1人ずつ
部屋に呼び、いきなり「優勝スピーチを英語でやってみろ!」と指示するもの。
当然、小学生はしどろもどろ。これは「自分を表現する練習」なので、できなくて当り前、恥ずかしがらずに
自分を表現できれば合格なのです。

これに倣って「じーのくん、井出商店の中で味の感想を大声で言ってみようか?」と指示を出そうとしましたが、
一緒にいる自分の立場も危うくなりそうなのでそれは別の機会にまわすとします。

閑話休題。「井出商店」は、いまや和歌山のみならず全国区の有名店。その豚骨醤油ラーメンは「井出系」
というジャンルを構築しているほど。今遠征の最大にして必須の目標店であることは言うまでもありません。

井出商店中華そば.jpg

意外に狭っくるしく、いい感じに鄙びた店内。変に観光客向けに拡張してないところは好印象ですが、
まことに残念なことがあります。

運ばれてきた「中華そば」、なんですか?この食べかけみたいな状態は?

見ると、厨房では若い女性が麺あげを担当しております。盛り付けがアレなのは、まだ練度が足りないからか?
しかし味の方はさすがにやります。
穏やかながらも濃度の高い豚骨が流れ、骨も随所に垣間見える。
ご覧のとおりスープは少なめですが、質そのものは「正善」より上の印象。
麺もしゃっきりして、見た目を考えなければOK。それだけに、惜しい!

ラーメン博物館で食べた「井出商店」がどうにもこうにもな感じだったので、
「本店ももしや?」と不安でしたが、その心配は払拭してくれました。ほっ。

それにしても「井出商店」を食べて改めて感じたのは、「嶋や@横須賀」の特異性。もう一回行きたくなってきた!
というか、じーのくん、早く行きなさい。

↑写真は全てクリックで拡大します!

井出商店
住所:和歌山県和歌山市田中町4-84
時間:11:30〜24:30
休み:木
HP:?

点数:4.1点(中華そば 訪麺日 2008/04/27)

※お店の地図はこちらから

posted by 拉麺本位 at 23:42 | Comment(4) | TrackBack(1) | 訪麺:和歌山県
この記事へのコ麺ト
は、はい・・・。
Posted by じーの at 2008年06月03日 00:16
お疲れ麺です。

和歌山シリーズ好調そうですね。一度和歌山も訪
麺して見たいです。広島と違って薄っぺらい醤油
豚骨と違ってどっしりした感じがします。本当に
美味しそうですね。しかしここまで連食されるとは、
あなたはやはりラーメンの鬼ですね(笑)
では。
Posted by カズ at 2008年06月03日 05:48
はじめまして。
いつも参考にさせて頂いております。
たった一度の人生の中、限られた時間・所持金にて
二度と訪れることのない都道府県があるかもしれません。
その限られた時間・空間内でどれだけの訪麺が出来るかが、
ポイントであることを痛感させられました。
個人的、一日最高は7杯でした。
後悔のないよう人生を送りたいものです。

Posted by 愛知人@広島在住 at 2008年06月08日 16:14
>愛知人@広島在住さん
はじめまして。
>その限られた時間・空間内で〜
まさしくその通りです。ラーメンは
「食べれば分かる、食べねば分からぬ」
わけで、とにかく食べないと始まりませんから必死です。
Posted by オゴポコ at 2008年06月09日 01:46
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック

井出商店@和歌山
Excerpt: 先々週の水曜日(2009年11月18日)は、和歌山に出没していました! この日の仕事を終え帰宅前に和歌山出張の締め括りとして行ったのは、 和歌山ラーメンの代表とも言える「井出商店」です!!! (ヾ..
Weblog: 出張先
Tracked: 2009-12-03 14:01