2008年03月30日

赤のれん@西麻布 / 博多と西麻布は30年以上前からつながっていたのでした

赤のれん.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

日々新しいラーメン店が生まれ、そして消えていく東京。
その日本最高のラーメン激戦地で、30年以上も営業している「福岡由来の博多ラーメン店」があります。

その名は「赤のれん」。

「秀@赤坂」で思わぬ背脂アタックに遭遇して、お腹がポロロッカ状態のじーの副部長も、
「ここを食べねば福岡人とは言えない!」という意地だけで付いてきました。

赤のれんメニュー.jpg

メニューはこんな感じ。やはり東京価格、「らぁめん」は700円と少々割高ですが、東京人からすると、
福岡へ行かずとも「赤のれん」を味わえる、となれば、これは激安でしょう!

赤のれんの由来.jpg

「赤のれん」の由来についてはこちらをご覧ください。とりあえず、
「博多ラーメンの元祖的存在」である「赤のれん」の流れが六本木にある
ということだけ覚えておけばそれでよし!

赤のれんらぁめん.jpg

自身、元々の「赤のれん」を食べたことがないので比較しようはないのですが、
マイルドな豚骨醤油味は、「赤のれん節ちゃんラーメン@天神」とは異なるタイプ。
しかし、伝統の「平たい細麺」は健在。まあ、要するに

歴史を食べるタイプの店

であることは確かでしょう。というか、そういうつもりで行った方が断然面白い。
ま、ここまでいいとして、一点、指摘しておかねばならないことがあります。
ケータイラーメンサイト「超らーめんナビ」に掲載されている「赤のれん」の説明文。

「ラーメンのスープは家系の味」って、その例えはないでしょうwww

そりゃ、いかんばい、ちょっと。

↑写真は全てクリックで拡大します!

赤のれん
住所:東京都港区西麻布3-21-24
時間:11:00〜29:00
休み:日
HP:?

点数:3.8点(らぁめん 訪麺日 2008/02/15)

※お店の地図はこちらから



posted by 拉麺本位 at 01:04 | Comment(0) | TrackBack(1) | 訪麺:東京都
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック

いやっほ〜い♪ 博多出張ですぅ〜
Excerpt: 仕事の出張は、東カリフォルニアサンディエゴ止まり、西大阪止まりの私ですが、今回博多に仕事で来る用事が出来ちゃいました。この手を逃す機会は無い!ということで、自腹で前泊して少しだけ楽しんじゃいました。
Weblog: スポーティに!(大好きなものと暮らす)
Tracked: 2009-04-06 00:00
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。