2008年03月23日

一風堂 太宰府インター店@大野城 / ワールドクラス豚骨ラーメン店の歴史ある店舗でリニューアル初体験

一風堂大宰府インター店.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

もしも「豚骨ワールドカップ」があるならば、日本代表入りはまず間違いないであろう「博多一風堂」。
今年に入ってからも、3月にニューヨークへ出店するなど意気軒昂であります。
翻って、本拠地福岡。こちら「太宰府インター店」は、かつては「爽風亭」だったという、
一風堂の中でも歴史のあるお店だそうです(戸田橋氏談)。
「ならば一度は訪麺しておいて損はないだろう」という無理やり?な動機で訪麺してみました。

食べるのは、リニューアル後初めての「赤丸かさね味」。以前の「赤丸新味」は割と好きだったのですが、
果たして「スーパー赤丸ラーメン」へと成長したのか、それとも・・・・

一風堂大宰府インター店赤丸新味.jpg

ぬふぅ!見た目からして変身前のラーメンとは異なる点が数点見受けられます。
たっぷりの脂粒、「うまみ玉」と呼ばれる調味料、スープの底にはミンチ肉もちらほら。
「からか麺」同様、ベースのスープはさほど変化はないようです。しかし・・・

旨みが二乗(UMAMI×UMAMI)される「うまみ玉」が個人的には合わない!

焦がし度合いも強めに感じられて、先述の脂粒と相まって騒々しい印象。
シャッキリした麺は好きな方ですが、総じて残念としか言いようがない状態。
次は「白丸元味」でワールドクラスの実力を再確認してみます。

↑写真は全てクリックで拡大します!

一風堂 太宰府インター店
住所:福岡県大野城市御笠川3-12-11
時間:11:00〜26:00
休み:なし
HP:http://www.ippudo.com/

点数:3.7点(赤丸かさね味 訪麺日 2008/02/09)

※お店の地図はこちらから

posted by 拉麺本位 at 01:01 | Comment(3) | TrackBack(1) | 訪麺:福岡県>筑後地区
この記事へのコ麺ト
「爽風亭」の初代店長が中坪さん(現「麺の坊 砦」店主)です。
他にも「博多一風堂」のマネージャークラスはどうゆうわけか「爽風亭」の流れを汲む大宰府インター店の店長経験者が多いという。
「一楽堂」や「我馬」などの研修の場として、いわば大宰府インター店はパイロット店としての役割を担っていたと聞きます。
※現在は山王店にパイトッロ店の機能はシフトしてしまいましたが。
Posted by 戸田橋 at 2008年03月24日 07:16
>戸田橋さん
待ってました、戸田橋さん!
いまや全国で味わえる一風堂のラーメンですが、
福岡ならではのサイドメニューならぬサイドストーリーは、
格別の味わいですね!
Posted by オゴポコ at 2008年03月25日 01:53
もともとはここが爽風亭という店で、ここから一風堂が生まれたんです。
Posted by campzizi at 2015年11月25日 14:54
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック

想像できます?「大野城」の意外な秘密(-_☆)キラーン
Excerpt: 今日はちょっとお疲れモードですが、頑張っていきますよ。元気を出してファイトです!...
Weblog: 大野城の驚き最新情報!
Tracked: 2008-05-22 17:01