2005年11月06日

泰平楼@宮田 〜 田舎に潜む純正久留米ラーメン

泰平楼外観.JPG

おつかれ麺です。部長のオゴポコです。

鞍手郡宮田町の有名店、泰平楼。近場にも関わらずいままで来ていなかったので

初訪麺です。さて、その実力は如何に(*‘ー‘)

泰平楼お冷.JPG

店員は、若い男性と年配の女性の2人組。

席はカウンターのみで、内装は良い意味で相当年季が入っている(・∀・)

そしてこのコップ。いまどき珍しい、日本酒のカップを再利用したものではないか?


泰平楼ラーメン.jpg

でてきたラーメンの見た目は至ってシンプル。ゴマ、ネギ、ノリ、チャーシューのみで、

折り目正しい久留米ラーメンスタイル。

麺は細めの柔め、スープは東洋軒@小倉を思い起こさせるあっさりしっかりタイプ。

久留米系とは言っても、魁龍のような

豚骨髄ザラザラのド豚骨というわけではないので、無難に指示されそうな感じだ。

個人的には、後味の悪さ(化学調味料?)が気になったので、

う〜ん、次の訪麺はどうでしょう〜?


泰平楼
住所:鞍手郡宮田町宮田4803
時間:11:00〜21:00
休み:不定

点数:3.7点


<注>
写真は全てラーメン撮影仕様のデジカメ「Cyber-ShotDSCT1」で撮影しています。
サムネイル表示なので、クリックすると大きいサイズで見られます!

【鞍手郡】【豚骨】
posted by 拉麺本位 at 20:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 訪麺:福岡県>筑豊地区
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。