2008年03月09日

長崎大勝軒@長崎 / 「本店」と「長崎」が同居する大勝軒現る

長崎大勝軒.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

江戸時代は「出島」で異国と通じていた長崎市。
その長崎市は、神聖豚骨帝国九州においても「出島」としての役割を担っているようです。
今回、taronobu-hime氏と、彼の先輩である「五郎さん」の3人で訪麺するのは「長崎大勝軒」。
「東池袋大勝軒で最後まで働いていた弟子の一人」とのことですが、よく目にするこの謳い文句、

実際、最後は何人の方が働いていたのでしょうか?

そういう疑問を抱えながら、夜の部開店に合わせて一番乗り。

長崎大勝軒特製もりそば長崎味.jpg

こちらのお店では、「本店味」と「長崎味」が選択可能とのことで、3人で役割を分担。
まずはオゴポコ担当の「特製もりそば長崎味」、自家製麺は思ったより細めに感じますが、
むっちりしてなかなかいい感じ。
ただ、汁の方はちょっと痩せ気味か。魚介の香りはするものの、サラリと軽く、もちろん甘味酸味あり。

大勝軒の中でも高い評価を得ている「お茶の水、大勝軒」とは比べるべくもありませんが、
まあ、感じは出てるかな、と。

長崎大勝軒特製もりそば長崎味.jpg

問題はこちら、五郎さんが購入した「特製もりそば本店味」。濃い醤油色の汁は、濃いめのタレと唐辛子系
の強い辛味が特徴。普通に「辛味」として売り出すなら問題ないと思いますが、

本店味と銘打って出してもいいんでしょうか?

閉店前の本店で食べてないので何とも言えませんが、本店が復活した現在、早急に本店で味を
確認せねばなりません!(でないとやっぱり語れないわけで)

長崎大勝軒中華そば.jpg

「中華そば 本店味」は、こちらもタレ増量、辛味増量か?スープ辛め、味薄めで、3つの中では
これがもっともアレでした。総合すると、「長崎味」が一番無難。

客の入りもよく、ある程度受け入れられていることは確認できましたが、
「大勝軒はこういうものだ」と思われないかどうかが不安ではあります。
老婆心ながら。

↑写真は全てクリックで拡大します!

長崎大勝軒
住所:長崎県長崎市大黒町8-3
時間:11:30〜14:30、17:30〜21:00 / 日 11:30〜15:00
休み:月(祝日の場合は翌日休)
HP:?

点数:3.7点(特製もりそば長崎味 訪麺日 2008/01/26)

※お店の地図はこちらから

posted by 拉麺本位 at 01:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | 訪麺:長崎県
この記事へのコ麺ト
お疲れ麺です!オゴポコさん! う〜ん 確かに ちょっと 違う様な〜気がしますよ〜? 東京近郊で働いてた時に、在りし日の東池袋大勝軒で何度か訪麺したのですがね…一番に並んだ時に、足が悪くなった親父さんに代わって店を任され居た 柴木さんと5〜6人程だったはずですが? 何せ、あの厨房の狭さですので、本来は 三人程で一杯ですが、修行希望者が多いのでと、柴木さんから直接、話しを聞いた事があります。
Posted by 宮若のヤマ at 2008年03月09日 04:00
>宮若のヤマさん
昨日、復活した東池袋大勝軒に確認に行ってきました。
「辛さ」に拘った点は理解できたんですが、
やはり「本店味」というのはどうかな〜?と。
「本店風」という表現が適切かも。
Posted by オゴポコ at 2008年03月10日 17:58
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック