2007年12月31日

【特集】2007年活動総括

おつかれ麺です。オゴポコです。

今年も五体満足のまま、無事に麺納めを迎えることができました。
大晦日恒例の1年の総括をお届けします。
MVR(最優秀ラーメン)および各賞は2008年元日に発表予定です。

位置情報2007年食べ歩き結果

今年のラーメン実食杯数と軒数の結果。

428杯/382軒(新規訪麺 315軒)

400杯越えは年初の目標どおり。全国各地への遠征および東京滞在が主な要因と思われる。
新規訪麺率は82%であった。

位置情報月別訪麺内容

月別に杯数をまとめた結果。カッコ内は福岡県以外の主な訪麺先。

 1月 26杯(東京都)
 2月 27杯(広島県、山口県)
 3月 24杯(なし)
 4月 41杯(愛媛県、香川県、徳島県)
 5月 21杯(高知県、佐賀県)
 6月 41杯(熊本県、大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、鳥取県)
 7月 39杯(東京都、神奈川県)
 8月 36杯(東京都)
 9月 28杯(鹿児島県)
10月 48杯(東京都、神奈川県、新潟県、熊本県)
11月 53杯(東京都、神奈川県、長野県、栃木県、茨城県)
12月 44杯(東京都、神奈川県、静岡県、山梨県)

こうしてまとめてみると「まだまだだな」と感じる。
来年は、第二のホーム「東京」を押さえるのは当然として、

「関西の経験値アップ」
「経験値ゼロの東海地方訪麺」
「北海道強化合宿」

この3つを大目標としたい。

位置情報都道府県別通算訪麺軒数

これまでの都道府県別通算訪麺軒数はこちら。

1位 福岡県(443軒)
2位 東京都(408軒)
3位 神奈川県(112軒)

福岡県は、通算では最多ながらも、今年の延びは75軒。対して東京都は78軒。
来年はこの差が更に開くと思われる。もちろん、九州各県の注目店はピシャッと押さえるつもり。
特に南九州は大きな課題である。

位置情報総括と抱負

「47都道府県&全ご当地ラーメン制覇」という目標に向かって大きく前進した年であった。
特に10月以降、東京滞在できたおかげで、関東一円をまわることができた。来年もこの機会を生かして、
「2008年中に47都道府県制覇」を目指す。問題は「沖縄県」だが・・・。

翻って我がホーム「福岡県」。今年の動向の感想を一言で表わすと「停滞」というところか。
島系本店やちゅるるちゅーらの「二郎インスパイア」、新風や翔山の「動物魚介系つけ麺」、
汁なしの「福博軒」など東京にベクトルを向けた店が現れたが、全て個店の単発レベル。ムーブメントを
起こすまでには至らなかった。
また、いくつか出てきた「醤油、塩」ラーメンの店については、残念ながら突出したものは感じられなかった。
唯一、復活した「麺8−34」が一矢報いたという程度か。

この状況は、近年のラーメン界の進化からすると「鎖国状態」と言わざるを得ない。
色々な要因があるだろうが、最も大きな要因は「麺」と思われる。二郎系やつけ麺は、共に麺が命。
自家製麺比率が低く「細めかため」に執着する福岡県では、もうこれ以上の広がりは
期待できないのでは?とさえ思える。

しかし可能性としては、出島的存在「ラーメンスタジアム2」の頑張りには希望が持てる。
特に九州外の店の路面展開に期待したい。施設に入っている間は、真価は問えないだろう。
要するに、何らかの「外圧」が無ければ、この状況は打開できないと思われる。

また、全国を旅していて、改めて気づいた点がある。「福岡県の豚骨ラーメン店はレベルが高い」ということだ。
(ただし「上から10〜20軒選んで比べた場合」という条件付となるが)
「豚骨ラーメン」という一点に特化したスペシャリスト集団の実力は、伊達ではなかった。

とはいえ、油断はできない。もっと絞って「上から5軒」となれば、もはや福岡県の優位性はまったくない。
特に関西、東京神奈川の豚骨ラーメン店のレベルは素晴らしく高く、スゴイ。
今後「神聖豚骨帝国九州」の権威が保たれ、あわよくば、開国の夢が叶うことを願うばかりである。

以上

では最後に。今年一年、おつかれ麺でした!
posted by 拉麺本位 at 14:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 特集
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック