2007年12月19日

月音@原町 / 夜の静寂の、何と饒舌なことでしょうか

月音.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

東急目黒線の西小山駅を降りてしばらく歩くと、路地の一角にその店が現れます。名は「月音」。
麺喰酒場と銘打つだけあって、「ちょっと小腹が空いたからラーメンでも食ってくか!」みたいな
酔っ払い親父の心構えでは到底入れそうにない、訳ありな大人のムードを漂わせる店です。

月音メニュー.jpg

聞くところによると、こちらの修行先は最近、写真撮影禁止になったらしい「1軒目@姶良」とのこと。
いやはや何とも偶然、てなわけはなくて、もちろん知ってて訪麺したわけです。

落とし気味のほの暗い照明は、落ち着いたワインバーのような雰囲気(行ったことないけど)
そして、こちらの男性店員の接客、これはツボにはまりました。
イメージ的には深夜のラジオ番組「JET STREAM」の伊武雅刀を連想させる、睡眠導入剤のような口調。
ついついこちらもゆっくり口調で、

「じゃあ、おでんください」

と、ついつい「玉子」と「大根」を頼んじまったグッド(上向き矢印)
おしゃれ過ぎて少々座りにくい椅子の上でモジモジしながら、はふはふとおでんを頬張る状況。
すでにワインバーなどという瀟洒な雰囲気はなく、後は「命の塩らぁめん」を待つのみ。

月音命の塩らぁめん.jpg

「命の塩らぁめん」ですが、まず、具。定番のチャーシューメンマ以外に、
焦がしネギ、岩のり、水菜等々、多彩な具の変化球でカウントを稼ぎにきます。
そして、決め球のスープ&麺。凡百の塩ラーメンのような、いがらっぽいしょっぱさは無しで、
東京神奈川の良店で見かける塩ラーメンスープの特徴とも言える「ついつい飲み干したくなる」もの。

ただ、惜しむらくは「妙に麺が多い!」

しんなりした麺で悪くないのですが、絡まった毛糸を箸でほぐせと、いうようなもので、
これは食べにくい。麺を食べることが、何とも難儀な作業になってしまいました。
実際、麺の量を4分の3くらいにしてもぜんぜん文句はないので、これは見直してほしいところ。

ラーメンだけでなく、総合的に「色々と使える」店。
「次はひとりではなくふたりで来てもいいかも」と思わせる穴場の発見と言えます。
(誰とだよwwww)

↑写真は全てクリックで拡大します!

月音
住所:東京都目黒区原町1-11-5
時間:11:30〜15:00、18:00〜3:00 / 日祝 11:30〜24:00
休み:年中無休
HP:http://www.tsukine.com/

点数:4.0点

※MapFanのアイコンをクリックするとお店の地図が開きます。

posted by 拉麺本位 at 02:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 訪麺:東京都
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック