2007年12月12日

渦@藤沢 / 26択問題のどれもが正解に見えるお店

渦.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

「海鳴@鎌倉」の記事でも触れましたが、「海鳴」の場所で以前営業していた「ひなどり」という店。
この「ひなどり」が場所を変え、名前を変えてオープンした店がこちら「渦」になります。

「海鳴」→「渦」の流れるようなコンボで一日を締めくくれるぞ!

と一人意気込んできたものの、店の前には6人ほど客が並んでおり、
華麗なコンボは不発に終わりましたバッド(下向き矢印)
「酒やツマミも楽しめる店」というのが方針らしいので、6人とはいえしばらく待つことを
覚悟せねばなりません。ウズウズ。

渦メニュー.jpg

30分ほど待ってようやく入店できましたが、ここからが重要です。
醤油、塩、味噌の14択問題!!しかも、全て「スタンダード」と書かれているので、
どれが正解か俄かには判断しかねます。
しばらく悩みながら、裏面を見てみると、そこには更なる難問が・・・!

渦裏メニュー.jpg

さらにドン!と12択追加!!
つまりこの店を全て味わうには、26回は訪麺せねばならない、というわけですか・・?
回答時間が迫ってきたので、えいや!と選んだのは、一番人気という「醤油煮干らぁめん」でした。
まあ、どれを選んでも正解になりそうではありますが。

渦醤油煮干らぁめん.jpg

「醤油煮干らぁめん」はその名のとおり、煮干粉が視認できるほど浮いており、明確な煮干味。
同じ「煮干系」でも、「海鳴」より輪郭がハッキリした、リッチな味に仕上がってます。
もちろん、煮干だけでなく、基となるスープの厚み、ぷっちりしなやかな細麺、具類も手抜かりなし。
ふつう、6杯目ともなると多少はキツくなるところですが、不思議と苦労なく完食です。期せずして

いいラーメンは何杯目に食べてもいい

ということを、身をもって再確認できたわけです。
ただ懸念事項があるとすれば、今後の展開。このまま行列店になってしまったら、
店のコンセプトに反して「酒飲んでくつろぐどころじゃない」雰囲気になってしまうのではないでしょうか?
何せ、店の中から外で並んでる客がはっきり見えてますんで。

↑写真は全てクリックで拡大します!


住所:神奈川県藤沢市鵠沼桜が岡3-5-7
時間:11:45〜14:00、19:00〜24:00
休み:月、火
HP:?

点数:4.5点

※MapFanのアイコンをクリックするとお店の地図が開きます。

posted by 拉麺本位 at 01:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 訪麺:神奈川県
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのTrackBack URLです。コピーを押したあと、”Ctrlキー+V”または
”右クリック→貼り付け”で貼り付けできます。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。