2007年11月22日

璃宮@毛利 / フレームワークを適用すれば品質は安定しますが・・・

璃宮.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

今日発売の「ミシュランガイド東京」の宣伝で散々言われてましたが、
「東京は世界に誇る美食の都」だそうです。それが本音なのか、
何かの戦略によるお世辞なのかは定かではありませんが、これだけは確実に言えるでしょう。

東京は世界最高のラーメン都市であると。

最近は、質量ともに高まりすぎて宇宙が一周したのか、「原点回帰」なるフレーズで
「昔ながらの中華そばのハイグレード版」が注目されたりする東京ですが、
今回紹介する「璃宮」はガチガチの鉄板路線です。

「魚粉入り濃厚動物魚介系+極太麺のつけ麺」

そういう意味では、この流行のはしりとなったこの店の出現は、つけ麺のフレームワークを根底から変える大事件だったということ。
こちらの店はその流れに乗って、フレームワークを適用している、というわけです。

璃宮メニュー.jpg

店は、狭いながらも特異な造り。カウンターが二列、厨房の方を向いており、
まるで田舎の学校劇場のようです。勉強熱心なわたしは最前列に陣取り、
元気よく手を挙げて「つけめん」を麺少なめ(200G)で注文。

璃宮つけめん.jpg

いやいや、そっくりですな〜!何も丼の柄まで似せなくてもと思いましたが、味はどうか。

麺は粉の香りがぶんぶん香ってきて、弾力も十分。やはり、東京でつけ麺出す店は、
麺で外すことはほとんどありません。
汁は、「六厘舎」ほどのごってりした感じはなく、トロミはあれどガツン度は低め。思ったより
酸味が感じられますが、これはいいつけ麺です。

ただ、やはりコピーはコピー。どこか物足りなさを感じるのも事実・・・

石神本に掲載されたからか、客はひっきりなしで繁盛している様子。確かにうまいとは思いますが、
もう一回訪麺するかと言われると微妙です。
それにしても、「璃宮」を食べて真っ先に思ったのは、新風のつけ麺はすごいなということでした。
あれがコンスタントに出せるなら、東京でも全然いけるわ。

↑写真は全てクリックで拡大します!

璃宮
住所:東京都江東区毛利1-18-6
時間:11:30〜14:00、18:30〜23:00 / 金土 11:30〜14:00、18:30〜24:00
休み:なし
HP:?

点数:4.0点

※MapFanのアイコンをクリックするとお店の地図が開きます。

posted by 拉麺本位 at 01:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 訪麺:東京都
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック