2007年09月03日

美豚@福生 / 店名は豚だが、実は魚がウリだったりする

美豚.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

「福生市まで行くならここもどうですか?」と、おだ氏から絶妙な煽りを頂き訪麺したのは「美豚」。
石神本掲載店ですが、チェック漏れでした。危ない危ない(汗)

美豚メニュー.jpg

個性的なつけ麺がメインと聞いていたので、それを購入。更に、ランチタイムは
無料で「麺増量」もしくは「煮たまごトッピング」が可能、という
連食中のマニアにはありがたくないサービスまであり、
小心者のわたしは究極の選択で「煮たまご」を選択。もちろん、一般の方にはありがたいサービスです。

美豚麺.jpg

まずは麺。いいつけ麺は、汁を使わずに麺だけ食べれてしまいそうなほどいい麺であることが
多いのですが、ここもそう。250Gもある麺の150Gは汁なしでもしゃもしゃと食べてしまいました。

美豚つけ汁.jpg

しかし、「美豚」の真骨頂はつけ汁。粘り気とトロミのある汁はどっぷりと魚味に塗りつぶされており、
どうやらウリでもある煮魚が擦り込まれているようです。やたらと甘味&酸味を感じたのも事実ですが、
うまいこと均衡が保たれていて不満はありません。

「つけ汁には魚粉」というアプローチはよく見かけますが、魚そのものを混ぜてしまうという発想は奇抜。
しかし、ともすれば「イロモノ」となりそうなものでも、うまければ快く受け入れてしまうラーメン界の
懐の深さが生み出した作品と言えるかもしれません。

ただ、魚のことばっかり話題になって店名の「豚」と意味がかみ合わないと感じたのは
わたしだけでしょうか?だけでしょうね、きっと。

↑写真は全てクリックで拡大します!

美豚
住所:東京都福生市熊川689-40-2
時間:11:30〜28:00 / 日祝11:30〜23:00(日祝が祝前日 11:30〜28:00)
休み:火
HP:?

点数:4.3点

※こちらのマップファンバナーをクリックするとお店の地図が表示されます

posted by 拉麺本位 at 01:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 訪麺:東京都
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック