2007年09月02日

雫@福生 / 2005年の最優秀新人賞店に2年遅れで行けましたやっぱりうまかった暑かった

雫.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

遠地のラーメン屋さんを食べるなら、その周辺で2〜3軒見繕っておくのは常識中の常識。
今回は「いつ樹」という目標を無事クリアできましたが、それで安心して帰るようではいけません。
近辺の大課題店「雫」を次なる目標に定めて福生駅に降り立ちますが・・

さっき飲んだ鯛塩スープが、毛穴から汗とともに吹き出しそうなほどの猛暑!

しばらく歩き回ってへばりかけた頃、眼前に現れた、年季の入った渋い一軒家。
「まさか・・?」と思いましたが、それが「雫」その店でありました。

雫メニュー火木土.jpg

店内はほぼ満員。冷房はありますが、暑さに全く追いついておりません!
食べる前から噴出す汗を拭いながら、土曜日なので「鶏と魚介の雫」を速やかにオーダーします。
2005年の「東京1週間ラーメン OF THE YEAR 」にて最優秀新人賞を獲得した「鶏っぷり」が楽しみです。

雫メニュー水金.jpg

曜日によってラーメンが変わるのが「雫」の特徴。こちらは水、金の「鶏の雫」。
「鶏と魚介の雫」より濃厚な「鶏白湯」100%のラーメンですが、食べる機会には恵まれないでしょう

というか、都内に住んでても厳しい。マニア心をくすぐる憎いメニュー構成です。きぃ〜っ!

雫鶏と魚介.jpg

「鶏と魚介」とは言いつつも、意外と「海老」が強調されたねっとりスープ。油脂感が少なく、絞り込んだ
ような凝縮感です。グニャグニャ縮れた麺に吸い付くスープ、鶏チャーシュー、これは楽しい!

「動物系」+「魚介系」の「濃厚」なラーメンは、東京では決して珍しい味ではなくなってきていると
思いますが、個人的にこの系統はなぜか飽きない!それどころか、
こういうレベルの高い店は素直に「すごいですね」としか言いようがありません。

↑写真は全てクリックで拡大します!


住所:東京都福生市福生1043-1
時間:平 11:30〜14:30、17:30〜21:00 / 土 11:30〜21:00(いずれも早仕舞いあり)
休み:日、月
HP:?

点数:4.7点

※こちらのマップファンバナーをクリックするとお店の地図が表示されます



posted by 拉麺本位 at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 訪麺:東京都
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。