2007年08月17日

七彩@鷺宮 / あなたはタイプH?タイプB?いや、どちらも喜多方にはない「ニュータイプ」だ!

七彩.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

いや〜、迷った迷った。
「西武新宿線都立家政駅から徒歩3分」の店に辿りつくまでに要した時間は約15分!(しかも、2人で)
半地下、かつ、小料理屋のような暖簾のおかげで完全に見落としてました。こちらは「七彩」。
かの有名な「むさし坊」出身の方が開いた期待の大型新店です。そのコンセプトは、「喜多方ラーメン」

七彩メニュー.jpg

メニューにはでかでかと「夏季限定の冷しラーメン7種」が記されています。
が、初訪麺の我々はレギュラーメニューを注文せざるを得ませんあせあせ(飛び散る汗)

オゴポコは塩ラーメンの「喜多方らーめんタイプB」。じーの副部長は醤油ラーメンの「喜多方らーめんタイプH」。
ちなみにBは「坂内食堂」、Hは「はせ川」を表わしているというのは、割かし有名な話です。

七彩喜多方ラーメンタイプB.jpg

空調が効いてない店内。待っているだけで汗が滴り落ちてきますが、「タイプB」で素早く塩分補給ひらめき
のつもりが、塩分補給どころか満足度まで補給されてしまいましたグッド(上向き矢印)

「これ、ほんとに塩ラーメン?」と思うほど、旨味が詰まったぶっとい体幹のスープ!
しかも、これ、無化調だそうですよ、お客さん!
そこへ、ピロピロピロ〜と口内で音を奏でる平たい麺。もちろん、チャーシュー、イモガラ(むさし坊譲りらしい)等
の具も隙なし!ただ、独特な香り油。これが後半、個人的には「少し」しつこかったかな、という程度。

七彩喜多方ラーメンタイプH.jpg

こちらの「タイプH」も甲乙つけがたい出来。当然、じーの副部長も「うもいうもい!」と絶賛の嵐。
少し食べさせてもらった限りでは、個人的には「タイプB」の方が好みですが、
相当高いレベルでの二者択一ですな、これは。

とにかく、既存の「喜多方ラーメン」とは一線を画す「ニュータイプ」な喜多方ラーメン。
更に「無化調」かどうかはどうでもよくなるこの完成度。これこそ「攻めの無化調」の理想でしょう!

しかしこの猛暑の中、空調だけはどうにかしないと、冷しラーメンを頼むしかなくなりますよ。
あ、冷しを注文させるためのこの空調なのか?ひょっとして。

↑写真は全てクリックで拡大します!

七彩
住所:東京都中野区鷺宮3-1-12
時間:11:30〜 スープ終了or麺100食売切れまで
休み:火
HP:?

点数:4.8点
じーの副部長 5.0点


※こちらのマップファンバナーをクリックするとお店の地図が表示されます

posted by 拉麺本位 at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 訪麺:東京都
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック