2007年07月29日

泰平楼@宮若市脇田 / これがほんとの泰平楼なのかもしれない

泰平楼脇田.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

「泰平楼@宮若」と言えば、40年以上続く筑豊を代表する有名店ですが、同じ市内にある
「もう一つの泰平楼」の存在はあまり知られていないようです。
かく言うわたしも、当ブログのコメントでその存在を教えてもらった口。
本来であれば、すぐに確認せねばならなかったのですが、実は「泰平楼@宮若」については
個人的に?な感想なので、「もう一つの泰平楼」へは二の足を踏んでいたのです。

とはいえ、食べずに避けて通る続けるのは、やはりどこか居心地が悪いもの。
「あらゆる物の90%はクズである」というスタージョンの法則に基づくと、そもそも満足する
ラーメン屋さんに巡りあう確率の方が低いというものです。そう開き直っての訪麺。
「豚骨なら何でもうまい」たいちゃん客員を同行させ、万全の体制?です。

泰平楼脇田ラーメン.jpg

「もう一つの泰平楼」の場所は、脇田温泉街。開店して5年とは思えないほど使い込まれた店内では、
「泰平楼@宮若」で腕をふるっていたご主人が1人でラーメン作りにいそしみます。

早速できあがったスープをひと口。おやおやこれは・・骨っぽい苦味の久留米王道ラーメン!
これが本当の泰平楼の味なのか、と思いたくなるほど、ワイルドな出来具合です。
ただ、麺と具は相変わらず?な出来。これが変わればオスス麺なのですが。

食後、気になったのでご主人に泰平楼の歴史について伺ってみました。初代店主は久留米市でラーメン学び、
飯塚で泰平楼を開店したとのこと。最盛期は飯塚市内も含めて複数の店舗があったそうですが、
現在は宮若市内の2店舗になっているようです。そして、これは重要なポイントですが、
こちら脇田温泉街の泰平楼は支店ではないとのこと。どういう事情かは置いておいて、
ひとまずこちらは「脇田泰平楼」、宮若市街地の方は「宮若泰平楼」と呼んでおくことにします。

そういえば、先述のスタージョンの法則には、次の続きが加えられることもあるそうです。
「あらゆる物の90%はクズである。しかし、残りの10%はそのために死んでもいい位である」
ラーメンも然り、その10%を求めて、食べ歩きは続くんだな〜ひらめき

↑写真は全てクリックで拡大します!

泰平楼
住所:宮若市脇田472-1
時間:18:00〜?
休み:月
HP:?
点数:3.9点
たいちゃん 4.1点(飯塚市に1軒でも残ってればなぁ)


※こちらのマップファンバナーをクリックするとお店の地図が表示されます

posted by 拉麺本位 at 02:10 | Comment(3) | TrackBack(0) | 訪麺:福岡県>筑豊地区
この記事へのコ麺ト
泰平楼はややこしい事情が結構あるんで本家との関係について聞くのはあまり良くないですよ^^;
Posted by 筑豊ラーメン好き at 2007年11月25日 10:48
>筑豊ラーメン好きさん
>泰平楼はややこしい事情が結構ある
そういうことなんですね。
それなら、せめて違う店名にしてもらわないと
こちらは何も知らないので聞いてしまいますね・・・
Posted by オゴポコ at 2007年11月26日 01:00
お疲れ麺です! オゴポコさん! 泰平楼 脇田温泉店は… 三月末で 閉店した様子で、去年の12月の初めに、脳梗塞になりかけて、一週間程 緊急入院して、十日間 休業してたんですがね…。その時に、大将が、息子さんとは… 絶縁して居るからと、言ってたんですがね…。 東洋軒 直方店に続いて、馴染みの店が無くなって、残念無念です(泣)
Posted by 宮若のヤマ at 2008年05月07日 23:43
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのTrackBack URLです。コピーを押したあと、”Ctrlキー+V”または
”右クリック→貼り付け”で貼り付けできます。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。