2007年07月07日

ラーメン軍団@京都 / ラーメンマニアが作るマニアックなラーメンを食べるラーメンマニア

ラーメン軍団.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

ラーメンマニアとラーメン屋さん。
いままで、「ラーメン屋さんがラーメンマニアに転身した」というのは聞いたことがないのですが、
「ラーメンマニアがラーメン屋さんに転身した」という話はたまに聞くことがあります。
夢を語って天天有したあと訪れたのは、その後者のケースのお店、同じ通り沿いの「ラーメン軍団」です。

ラーメン軍団メニュー.jpg

豚骨ラーメンのみを提供する「ラーメン軍団」のメニューはシンプルな二者択一。
どちらにするか迷いますが、面白そうな「重厚ラーメン」にしてみます。

では、待っている間に店内確認。

コンクリの壁を見渡すと「お客だった頃を忘れるな」という書が貼られており、
なるほど、その考えは接客態度に如実に現れています。
店主および店員さんの挨拶はハキハキしており、行動もキビキビして好印象。
個人店でこれができているということは、得てしてラーメン作りにも真摯な態度で臨んでいる可能性が高い!
期待が持てます。

ラーメン軍団重厚ラーメン.jpg

しばらく後、「重厚ラーメンゲット!!」したまではよかったのですが・・・

ラーメン軍団重厚ラーメンスープ.jpg

このスープはいったい!?

無鉄砲では、スープの粘度を「スープを噛む」と表現しましたが、このスープは噛むどころじゃない!
「スープを咀嚼する」といった方が適切なくらいの粘度!!
まるで「豚骨の味がするすりおろした山芋」のようなスープは、
最初はおいしく食べられるのですが、後半はまさに苦行です。
ただし、この日5軒目ということが影響しているのは間違いないでしょう。

ちなみに麺は「棣鄂」のもの。ただ、正直、麺の印象は記憶に残っていません。
麺に絡み付いてきたスープのことはよく覚えてますが(笑)

一応、これから訪麺するマニアへのアドバイス。
「重厚ラーメン」は、いい意味で「ネタ」的要素の強いラーメンです。
とにかく刺激とネタが欲しい人は迷わずこれでしょう(笑)
ただ、普通にラーメンを食べて評価するには「原点ラーメン」を食べた方がよいかもしれません。

次の一乗寺訪麺時は、もちろん「原点ラーメン」をいただきますが、
今回の「重厚ラーメン」経験、悔いなしですひらめき

↑全ての写真はクリックで拡大します!

ラーメン軍団
住所:京都府京都市左京区高野泉町6-74
時間:11:00〜14:30、18:00〜23:00
休み:なし
HP:http://www.team-hillstones.com/

点数:4.0点

※こちらのマップファンバナーをクリックするとお店の地図が表示されます

posted by 拉麺本位 at 17:38 | Comment(2) | TrackBack(1) | 訪麺:京都府
この記事へのコ麺ト
スープの濃度は凄まじいものがありますね。
棣鄂は京都の有名店でも使われてますがここのは印象にないです。
それくらいスープの印象が強いって事だと思います。
Posted by 冬ちゃん at 2007年07月07日 19:01
>冬ちゃんさん
このスープはいろんな意味でヤバイですね〜!
京都ラーメン界のこってり極地を垣間見ました。
Posted by オゴポコ at 2007年07月08日 23:44
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック

ラーメン軍団@一乗寺
Excerpt: 麺類ダイスキの和みさんと食べ歩き3軒目です。 有名なラーメンサイトの管理人ががラーメン店主に転身して激戦区一乗寺に出店されました。 ラーメンのメニューはあっさり系の原点ラーメンとこってり系の重..
Weblog: ラーメンと温泉を求めて2千キロ
Tracked: 2007-07-07 23:39