2015年03月02日

「ラーメンスープはレンゲと丼から直接飲んだときで味が違うのか?」の答えは既に出ている件

おつかれ麺です。オゴポコです。

2月にオープンして早くもラヲタ界隈で話題の「大分佐伯ラーメン@池袋」ですが、某所で気になる意見を目にしました。
その意見を要約するとこんな内容です。
「ここのラーメンは油が多いのにレンゲなしが推奨だけど、これは油を好まない客にとって親切なのだろうか?」
この意見自体の是非はともかく、ふと思い出したのは、確か去年の秋頃放送されていたNHK「マサカメTV」の実験。その内容は

「ラーメンスープはレンゲと丼から直接飲んだときで味が違うのか?」

というものでした。東洋大学の協力を得ての本格的な科学実験の結果、答えは何と、「違う」。
しかも、直接だと表面の油が唇でせき止められて遠ざかるので「レンゲより直接の方がスープは油っぽくない」そうで
計測すると「12.5gのスープに対し、油の量はレンゲだと130mg、丼に直接だと5mg」とのこと。
つまり理論上は「大分佐伯ラーメン@池袋」は「直接飲んだ方が油っぽくない」ということになりますね!
皆さん、覚えておきましょう!

というわけで、最近、東京・神奈川・千葉で全てレンゲを使って食べたラーメンをダーッと列挙してみることとします。

ひらめき 麺や 離宮亀戸店(燻玉つけめん 880円)3.8点【東京】<亀戸>
六厘舎インスパイアとして、いわゆる「石神本」にも載った店の支店ですが・・・つけ汁、薄いなぁ。いや、ちゃんと今の六厘舎をインスパイアしていると言えるのかも。

ひらめき 華麗麺処 古都はピアノマン(華麗つけめん 750円)3.9点【東京】<渋谷>
カレーは辛さ、スパイスほどほどで、とろみは薄め。麺がガチガチ、歯ごたえありすぎ。カレー専門店として見ると特別感は薄いかと。

ひらめき ラーメン もみじ屋(ミニラーメンアブラニンニク 700円)4.5点【東京】<明大前>
富士丸出身特有のあまじょっぱさが、かなり強め。アブラがうまい、平べたいすいとんのような麺も踏襲。スープは軽いけれども、無類の脂力で食わせる、脂そば。

ひらめき 麺屋 ぶち(牛骨ラーメン小 680円)4.1点【東京】<亀有>
下松牛骨ラーメン大好きな店主による下松愛溢れるラーメン。本場と比べて「あっさりめ」「にんにく入り」にしているのは最初に教えてくれ!
なお「稲荷ずし」は納得できるものが出せるまで休止中とのこと(もう再開してるかも)。

ひらめき 来来来(ちゃんぽん 900円)4.1点【東京】<三軒茶屋>
野菜と海鮮が山盛り、熱々、麺やわめで絡みよく、さすが石神本に載るちゃんぽんは一味違うな!
でもマイベストちゃんぽんは「井手ちゃんぽん系」もしくは「銀河のちゃんぽん」みたいな濃いやつですが。

ひらめき ラーメン凪煮干王五反田店(すごい煮干ラーメン普通 820円)4.3点【東京】<五反田>
相変わらず刺すような煮干し味。それにしてもこの店づくり、青森の「たかはし」が「煮干版魁龍」ならこちらは「煮干版一蘭」だな!

ひらめき 広州市場 五反田店(広州雲呑麺塩 799円)4.0点【東京】<五反田>
広州市場の本店にあたる五反田店、イチオシのワンタンメン塩は、麺は透明極細縮れ、塩スープは汎用性の高そうなタイプ。あくまでワンタンが主役。お得感高い。

ひらめき 麺舎 十紋字(ラーメン普通 720円)4.6点【東京】<秋葉原>
神田の「わいず」で修行し許可を得て出店。肉肉しく旨味たっぷりスープ、重たいけど残らない。ほうれん草多め。10店舗目指すとのことで、2店舗目は蒲田でお願いします。

ひらめき 麺屋 はるか秋葉原店(台湾まぜそば 780円)4.0点【東京】<秋葉原>
サッポロ製麺。油組総本店と経営母体が同じらしい。きちんと再現されたシステム、パッケージとして完成してるますね!麺ごしごしも守ってます。

ひらめき 麺処 花田となり(油そば 660円)3.9点【東京】<池袋>
美味いとは思うけど、味噌味が優しくてどこかヒキが弱い。具のシャキシャキ感がなぜか気になる。

ひらめき カラシビ味噌らー麺 鬼金棒池袋店(カラシビ味噌らー麺カラ増しシビ増し 800円)4.4点【東京】<池袋>
カラシビ増しにすると、強く感じるのはシビの方。チャーシューや麺が甘く感じられて、チャーシューと麺が箸休めになるというよく分からない状態に!

ひらめき BumBumBlauCafe(アグー豚の塩ラーメン 800円)4.3点【東京】<旗の台>
甲子園出場校風に言うなら「7ヶ月ぶり2回目」抑え目の塩加減、しょっぱくないが旨味はきっちりあり、塩ラーメンというよりは塩味旨味ラーメン。

ひらめき MisoNoodleSpot 角栄(濃厚味噌 800円)4.3点【東京】<代々木>
無化調なのに濃厚。四種の味噌とかんずりのスープはドロドロ、麺は太く丸い。チャーシュー、キャベツはサイコロ状、メンマもカロリメイトを一回り小さくしたような形状。
丼の中のすべての要素が濃厚極太で統一されて素晴らしい!TRY味噌部門入賞間違いなし、と思っていたら、あれれ・・?

ひらめき 支那そば小むろ(ワンタンメン 880円)4.7点【千葉】<行徳>
修行先の「かづ屋」とは旨味の濃さが違う!この系統では最高の店かと。綺麗に折り畳まれ配置されたラーメン、やっぱり「かづ屋」系はラーメン界屈指の美形です。

ひらめき あかくろたんたん(汁なし赤たんたん 750円)4.2点【神奈川】<神奈川新町>
痺れ強め、辛さは適度でマイルド。フレンチの経験が長いそうで、漢方に興味ありとのこと。手間が感じられて得した気分。

ひらめき ラーメン丸仙(支那そば煮玉子 650円)3.9点【神奈川】<武蔵小杉>
醤油立ったスープに化調。中華料理店の醤油ラーメンが美味しくなったらこうなる的な。細縮れ麺、モモチャーシュー、メンマ、手作り感満載、スープ量多し。

ひらめき らーめんくじら軒たまプラーザテラス店(支那そば 750円メンマ150円)3.9点【神奈川】<たまプラーザ>
ちょっと醤油つよめ。旨味は変わりないけどバランスがいまいち。ふと思ったけど、いまの本店はどうなのかな?

位置情報-----今回の一枚-----
「麺屋 ぶち」東京で食べられる「下松牛骨ラーメン」のビジュアルはこんな感じ。
ぱっと見て「下松牛骨だ!」と分かる人はまずいないのでは?

ぶちラーメン.jpg

※各店舗の営業時間、住所等の情報は、無料で使える日本一濃いラーメンサイトラーメンバンクでどうぞ
posted by 拉麺本位 at 20:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | 短評>首都圏
この記事へのコ麺ト
あっトンコツ一辺倒かと思いきや、別カテゴリも評価できるんですね。お見逸れしやした。
Posted by at 2015年06月25日 03:08
>名無しさん
トンコツ一辺倒ではありません。濃厚民族一筋です。
Posted by オゴポコ at 2015年06月26日 21:44
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。