2015年01月04日

ベトナム・ホーチミンでホーチミンにしかない日本のラーメンを食べるならコレ!(すず木/大ちゃん/とみだや)

おつかれ麺です。オゴポコです。

引き続き、ベトナムはホーチミンの日式ラーメン店紹介。
先の「山小屋」「喜神」からはだいぶ離れた場所になりますが、ホーチミンには日本食レストランが
密集しているエリアがあります。そこには唐揚げ、カレー、牛丼などと並び当然ラーメン店もありまして
自然、ホーチミン一のラーメン激戦区なのであります(ただし3軒ですが)。

ひらめき RAMENBAR SUZUKI(純白豚骨ラーメン 120,000VDN≒600円)3.5点【ベトナム】<ホーチミン>

すず木.JPG

豚骨、魚介豚骨、えび豚骨、マー油豚骨、味噌豚骨、豚骨魚介つけ麺、醤油ラーメンなどなど素晴らしい品揃えの「SUZUKI」
シンガポールにも店を出しているそうで。

すず木シート.JPG

なんとオーダーは一蘭方式だった!
これだけでもう「ごちそうさま」と言いたくなるわけですが

すず木ラーメン.JPG

「純白豚骨ラーメン」は、スープ軽っ!麺はハード(かため)にしたものの、かたくはない。
チャーシューは炙りでひと手間かけてますが、肝心の辛味ダレが全く辛くない!
なお、もやし、ごま、ニラが入れ放題みたいなので入れまくっているとサービス料を取られました。
あ、メニューは日本語なのに注文は日本語不可なので、英語か指さしで。

ひらめき 麺処 大ちゃん(大ちゃんラーメン 80,000VDN≒400円)3.8点【ベトナム】<ホーチミン>

ベトナム人が片言の日本語で対応し、たばこを吸いながらラーメンを作る。このアバウト感、いやぁ、ベトナムらしくなってきましたね!

大ちゃんメニュー.JPG

「麺処」なので、うどん、そば、そして家系があっても問題なし!でもフォーは無いんですね!

大ちゃんラーメン.JPG

基本の「大ちゃんラーメン」は博多豚骨ラーメン、何と高菜(のようなもの)も入れ放題とのことで、再現度向上に努めています!
ラーメンは、意外にしっかりしていて、というかうまかっちゃんに生麺とチャーシューを入れたようなラーメン。そりゃうまいわ。
そしてチャーシューが、これは博多の変な店よりよほどいいという意外性もあり、オゴポコの博多ラーメンコレクター熱を十分満たしてくれる店でした。
なお、向かいの系列店「松坂家」の方は牛丼店、きっちり「美味しんぼ」が並べられていました。であれば、ちゃんと牛すじを使って牛丼作っているんだろうな!?

ひらめき とみだや(正油らーめん 80,000VDN≒400円)3.9点【ベトナム】<ホーチミン>

とみだや.JPG

日本人店主が平ざるで麺をあげて、ラーメンを作っている。ホーチミンでそういう光景が見たいなら、ここです。

とみだやラーメン.JPG

「つけめん」もありますが「正油らーめん」にしてみると、これがきっちり作られた背脂豚骨醤油じゃないですか!
スープは薄味だけど背脂のコクはあり、このジャンルのラーメンの基本形が守られているのが嬉しい。
巻きバラチャーシューもいい。ここまでちゃんとしてたら、細縮れの麺が弱いのは、もう目をつぶりましょう。
例えば池袋近辺をくまなく探せば似たような店がありそう、と思わせるくらいに、清潔感含めた安心感はホーチミントップクラスです。

【総評】
ホーチミンで5軒のラーメン店をまわった感想を一言で述べるなら
「日本に普通にありそうなラーメンで拍子抜け」
裏を返せば、ホーチミン在住日本人は普通にラーメン食べて腹いっぱい、にはなれる環境にあると言えるでしょう。
以上、成田空港から6時間かけてラーメンを食べてきたレポートでした。



posted by 拉麺本位 at 02:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 訪麺:ベトナム
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。