2007年05月06日

瓢太@松山 / ラーメンは甘いが食べ歩きは甘くない

瓢太.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

愛媛県の6軒目は、ラーメンマニアの間では「瓢系」のひとつとして知られる「瓢太」。
他には「瓢六」「瓢箪」「瓢華」などの店があるようです。
事前に「甘い豚骨」という情報は仕入れていたので、十中八九、苦手な味だろうと思っていましたが、
「松山で歴史のある店として外せない」と自分に言い聞かせての訪麺です(´〜`;)

瓢太ラーメン.jpg

メニューを見ると、ラーメン屋というよりも居酒屋がメイン。中には焼きラーメンもあって、
何となく博多の居酒屋を思い出します。店の造りは入り口手前にカウンター、奥に座敷席。
奥では既に酔い客多数で盛り上がってます。
ラーメンだけ頼むにはちょっと気が引ける雰囲気ではありますが、そこはそれ、
何も考えずに「ラーメン」だけを注文し、喧騒の中、じっと待ちます耐えます。

レンゲがないので直接スープを一口。確かに甘い。が、直接的に甘いわけではなく、
じんわりと甘い感じ。「これなら大丈夫かな」と思いきや、思わぬところからパンチが飛んできた。

チャーシューが激甘!

ブロック状にカットされたチャーシューを噛み締めると、お口に広がるジューシーな甘さ(って何だ?)。
「とりあえずコレは残して麺を片付けよう」と決心し、博多ラーメンほどの細さの麺を急いで啜りこみます。

とりあえず「瓢系」の一旦は垣間見えたので、「ラヲタとしての義務は果たした」と
ある程度満足して次へ向かいます( ̄〜 ̄;)

↑写真は全てクリックで拡大します!

瓢太
住所:松山市三番町6-1-10
時間:11:30〜15:00、17:00〜23:00
休み:日
HP:?

点数:3.5点

※地図で場所を確認したい方はこちら↓をクリックしてください



posted by 拉麺本位 at 01:22 | Comment(5) | TrackBack(0) | 訪麺:愛媛県
この記事へのコ麺ト
>ラヲタとしての義務は果たした
 ってのは笑えました。県外の方には、結構カルチャーショックですよね。
あ、因みに「瓢箪@やおきのちかく」 は 甘い系統ではないですので、補記しておきます。
・・・って、わたしも食べるまでは甘い系統とばかり・・・(笑
Posted by けん坊 at 2007年05月14日 12:59
書き忘れましたが、「瓢六」は既に閉店しています。
この系統で「穂楽」と言う店があったのですが、ご主人が体調を崩されたそうで、閉店しました(再開は不明)
Posted by けん坊 at 2007年05月14日 13:01
>けん坊さん
瓢箪は甘くないんですか!
やおきは振られたんですが、どちらがオススメでしょうか・・?
「瓢六」「穂楽」が閉店、ということは、この系統は
絶滅危惧種ですね。
Posted by オゴポコ at 2007年05月15日 00:38
瓢箪は普通の飲み屋のラーメンと言った感じですので、やおきをお勧めします。

>絶滅危惧種
 確かに瓢系(松山独自の甘いラーメンの系統)のお店が少なくなっていますね。
現在、瓢系(松山独自の甘いラーメンの系統)は
 ・瓢太@松山市三番町
 ・瓢華@湊町店@松山市湊町
 ・瓢華@溝辺店@松山市溝辺
 (溝辺店の店主は湊町の店主の親父さんで親子で別の店をやっています)
位になってしまっています。
昔ながらの伝統をなんとか守って欲しいです。
Posted by けん坊 at 2007年05月15日 08:20
>けん坊さん
わたしは苦手ですが、伝統麺芸としては貴重ですね。たしかに。
Posted by オゴポコ at 2007年05月16日 02:21
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。