2014年08月23日

7月、8月は暑いのでラーメンは控えるか、と思うのは一般人。7月、8月は暑いので並ばずに食べられるチャンス、と思うのはラヲタ。

おつかれ麺です。オゴポコです。

7月、8月は暑いのでラーメンは控えるか、と思うのは一般人。
7月、8月は暑いので行列も少ないだろうから、並ばずに食べられるチャンス、と思うのはラヲタ。
むろん、後者のオゴポコは精力的にラーメンを食べ続けてます、という報告を6軒ほど。

ひらめき ラーメン 用心棒U階(冷やし中華 780円)3.9点【東京】<高田馬場>

東京では、夏は冷しラーメンを出すのがクリエイティブなラーメン店の証、みたいな雰囲気があるようなないような。
「千里眼@代々木上原」と関連店のこちら、二郎系にも関わらず、クリエイティブを求めてか?冷しで名を売っております。
野菜マシ、ニンニク、アブラ、辛揚げ、麺少なめ(それでも200G)
さて、麺は200Gだからか意外に存在感薄め。野菜マシによる千切り大根タワーのせいか?
スープがほとんどなく、野菜が多いまぜそば状態、辛あげやニンニクに耐えられるタレがないので油こい野菜サラダをひたすら食べているかのようで
カラメにしようとタレを入れても効果薄。結論としては二郎を念頭に置いて食べてはいけないものかな。

ひらめき 塩専門 ひるがお東京ラーメンストリート(とろり白湯塩らーめん 830円)4.3点【東京】<東京>

塩と鶏白湯は相性が良い、というのは異論はないはず。「ひるがお」の鶏白湯も試しておかねば、と食べてみると
濃度十分のスープにぐっと押し返す中太麺、(ダマになった)あおさのりも定番。さすが「せたが屋」系、きっちり作られた責任感ある一杯。

ひらめき らーめん平太周味庵(らーめん 680円)4.2点【東京】<五反田>

なぜか食べていなかった土佐っ子系を食べるシリーズ第一回。
あれ?薄いな?とたら、しまった、スープを混ぜるの忘れてた、この系統は混ぜて完成だったな・・・じゃあ最初から混ぜておけばいいのに
つるや製麺の中太麺、醤油タレがよく絡んで、脂粒がうまみを増進。この系統の鉄板の構成力、たまに食べると間違いなく美味い。

ひらめき 支那ソバかづ屋五反田店(ワンタンつけソバ 940円)4.0点【東京】<五反田>

東京の醤油ラーメンの中でもトップクラスに好きな「かづ屋」の五反田店、甲子園出場校風に言うなら2年5か月ぶり3回目の訪麺
つけ汁は甘酸っぱい汁、麺はしゅるしゅるとうまい。スープ割の容器は日本ソバ風。
ていうか、この店はやっぱりワンタンメンがいい、という確認作業でありました。

ひらめき 熟成鶏醤油らーめん 上弦の月(チャーシューめん 850円)4.0点【東京】<蒲田>

甲子園出場校風に言うなら4年4カ月ぶり4回目の訪麺。チャーシューめんは10年1ヶ月ぶり2回目の注文。
今回のあえて紹介しておきたい店内の本は、高校野球雑誌、ピッチング理論、バッティング理論、メンタルトレーニング、筋力トレーニング、以上です。
2006年3月から豚骨魚介醤油へモデルチェンジしているこの店、とにかく大量な魚粉が特徴であります。
レンゲにたまる魚粉、麺に絡まる魚粉、チャーシューにこびりつく魚粉。ごわついた太麺を引き上げるたびに「こんなだったけ?」と記憶を探ります。
店を出るときの「お疲れのところ大変お待たせしました、バタバタと申し訳ありませ〜ん、どうもどうも〜お忘れ物ないようにいつもありがとうございました〜」の声掛け。
これがこの店の最高の調味料ということで。

ひらめき 尾道ラーメン西國や(尾道ラーメン 670円)4.3点【神奈川】<武蔵中原>

従業員を撮ってインターネットにアップする不届き者がいたようで、無断撮影禁止。
もし無断撮影の際は精算のうえで退店となりますが、この処置について法律に詳しい方の見解を訊いてみたいところであります。
黒鯛使用のスープはふんわり魚介、背脂はプリプリ、中細平打ち麺はツルプツ。チャーシューもうまい。
尾道にこのレベルのラーメンはあるのかな?と思わせるグルメ尾道ラーメンです。しかも、無化調。
税抜き620円で、税込み670円ですが、税抜き670円でも文句なしでしょう。

位置情報-----今号のおすすめショット-----

「用心棒U階」の「冷やし中華」よく考えれば、冷やし中華はまぜそばの一種と言えるかも。であれば
ジャンクガレッジに冷やしをやってもらえば、もっとすごいのができるかも。勝手に期待してます。
用心棒U階冷やし中華.jpg

※各店舗の営業時間、住所等の情報は、オゴポコがチェックを欠かさないラーメンバンクでどうぞ


posted by 拉麺本位 at 14:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 短評>首都圏
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。