2007年04月23日

金ちゃんラーメン@佐世保 / 秀ちゃんの友達の金ちゃんです

金ちゃんラーメン.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

55年前から営業している大阪屋から歩くこと約1分。
こちらはオープンしてまだ1年経っていない「金ちゃんラーメン」です。
商店街の裏通り、かつ、黒を基調とした窓のない外観は、愛らしい店名とは裏腹に、
飛び込みではちょっと入りづらいオーラを醸し出しています。

しかしこちらのお店、全国的な知名度を誇る福岡の有名店「秀ちゃんラーメン」と関連があるお店とのこと。
ということならば、とりあえず食べてみないことには始まりません!

金ちゃんラーメンメニュー.jpg

まずはメニューの確認。なるほど、「佐世保に合わせた」「辛党に合わせた」「流行のマー油を取り入れた」
全方位対応の布陣を敷いています。なかなかの策士っぷりです。
それに、女性向けに用意した見慣れないトッピング「コラーゲン 200円」。面白そうですが、
まずは女性がふらっと入りやすい店の造作にしたほうがよいのではないでしょうか?

薄暗く奥に細長い店内は、隠れ家的なバーとしてならOKですが、
強烈な豚骨臭が漂う陽性のラーメン屋としては異質。
逆に、このアンマッチな取り合わせが新感覚、と言えなくもないのですが・・・

金ちゃんラーメンまる金ラーメン.jpg

はっきりと視認できる脂の浮いたスープからは、秀ちゃんラーメンの眷属であることが見て取れます。
そして、油は強いが本体はサラッとした舌触りのスープも同じ。
変な後味は無い代わりにドカンとくるインパクトも失ってしまっている点は、近年の秀ちゃんラーメンと同じ姿です。
さらに悪いことに、秀ちゃんよりもさっぱりと仕上げたチャーシュー。ああ、残念・・・

前から言ってますが、わたしはこの系統のラーメンに繊細さや健康志向は求めていません。

この系統に期待しているのは「野蛮で体に悪そうなラーメンをガツガツと美味しく食べたい」という一点のみ。
化調の有無など特に問題ではないのです。この願いが叶うかどうかは分かりませんが・・・

ちなみに、麺は秀ちゃんラーメンから送ってもらっているそうで、正統派極細博多麺。
トータルで見ればそんなにダメな訳ではなく、むしろ良い方に入るラーメンだとは思いますが、
苦言は期待度の裏返しということで。

なお、「金ちゃんラーメン」は「秀ちゃんラーメンの支店」ではなく「暖簾分け」だそうなので、
今後は「独自の強烈な豚骨」の道を歩むことを期待しています。
バリエーション豊富なメニュー構成とかはそれからでも良いのではないかな?

↑写真は全てクリックで拡大します!

金ちゃんラーメン
住所:佐世保市下京町8-16
時間:11:30〜15:30、17:00〜27:00
休み:不定
HP:?

点数:3.7点

※地図で場所を確認したい方はこちら↓をクリックしてください

posted by 拉麺本位 at 02:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | 訪麺:長崎県
この記事へのコ麺ト
> 油は強いが本体はサラッとした舌触りのスープも同じ。


(笑)
的確だなぁ
Posted by 洗足池 at 2007年04月24日 07:16
>洗足池さん
最近、この系統はガッカリさせられることが多いので・・(笑)
佐世保に行くなら、いくらコレクトするためとはいえ、
もう1、2店は候補が無いとキツイですね。
Posted by オゴポコ at 2007年04月25日 00:00
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック