2014年05月14日

数多あるラーメン店から高確率で美味い店を選びだす手段がいつも有効とは限らない件

おつかれ麺です。オゴポコです。

先日、数多あるラーメン店から高確率で美味い店を選びだす手段として「有名店・人気店の系列店へ行く」
という方法を挙げましたが、今回は必ずしもそうではありませんでした、という反省事例。

ラヲタなら誰もが知るラーメン店の系列店をさささっと3軒、ご紹介のほど。

ひらめき 凛 大井町店(細麺塩 750円)4.0点【東京】<大井町>

あの「凛」の一号店的位置づけは大井町、ということでよいでしょうか?
きれいに折り畳まれた細麺の、そのゆで具合はやややわ、粉っぽく量多め。
生姜味が強く立ったスープは油のせいかね?チャーシュー上に乗ったニンニクの見た目も含めて、記憶に残る塩ラーメン。

ひらめき 麺酒造 竹井幸彦(鶏しおそば 730円)3.8点【東京】<八丁堀>

あの「汐留らーめん」の元店主が開いた店で、店内には汐留らーめんの丼が陳列されております。
「汐留らーめん」は都合6回ほど食べてますが、果たしてどう変わったか?
ええ、全然別物でした。
旨み抑えめ、可もなく不可もなくの塩ラーメン。細縮れ麺は割と量があるかな、と思った位。
居酒屋が主の店という気がしたので、汐留らーめんみたいな尖がったラーメンにしていない、ということか?

ひらめき とんこつらーめん 俺式純(豚骨らーめん 780円)3.9点【東京】<東京>

あの「せたが屋」グループの中の豚骨部門。かなり前に目黒で食べたことがあり、それ以来。
胃にたまるような感じの重たさは油脂に由来するのかな?最初はいいものの、徐々にたまっていく感じ。
麺はカタメン指定すると硬い糸のような食感。同じカタメンでも、ピンとはった針金ぽい食感の方が、より「博多豚骨らしさ」が出るような。
ちなみに「すごい替え玉 300円」は麺とトッピングが付いてくる豪華替え玉とのこと。これって宮崎の「風来軒」の「びっくり替え玉」で見たことあるなぁ。

位置情報-----今号のおすすめショット-----

今回は・・・おすすめなし。ま、無いものは無い、ということで。

※各店舗の営業時間、住所等の情報は、オゴポコが朝昼晩チェックを欠かさないラーメンバンクでどうぞ
posted by 拉麺本位 at 22:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 短評>首都圏
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのTrackBack URLです。コピーを押したあと、”Ctrlキー+V”または
”右クリック→貼り付け”で貼り付けできます。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。