2014年05月08日

がんこもん、一竜軒、ぎょらん亭。北九州地方を代表する名店の流れを汲む店達

おつかれ麺です。オゴポコです。

随分ご無沙汰しております、北九州地方のラーメン事情調査。
六倉会の活躍などにより、福岡県内では福岡市よりも活性化しているのでないか?
と情報だけ見て思っていたわけですが、実態は食べんとわからん!

なので、がんこもん、一竜軒、ぎょらん亭、いずれも北九州地方を代表する
名店の流れを汲む3軒を連続訪麺してみた次第。

ひらめき がんこもんラーメン恭ちゃん(がんこもんラーメン 550円)4.0点【福岡】<赤間>

JR遠賀川駅近くに店を構える「がんこもんラーメン本店」の創業は1988年。今年で26年目を迎える優良濃厚ラーメン店です。
昨年から今年にかけて「岡垣店」「恭ちゃん(宗像市)」「浅川店」「GANKO-MON(米麺専門)」と出店攻勢をかけており、
一部店舗は24時間営業を貫く頑固っぷりを貫いております。

今回訪麺した「恭ちゃん」は、本店よりは頑固さがやや抑え目で、骨感は低いものの油脂多めで重たさは十分。
自家製中細麺は歯切れ良さと淡白さで重たいスープとの相性良しで、選択可能な極細麺より合っているかと。
濃厚民族として、未訪の「岡垣店」「浅川店」も今年中に訪麺必至です!

ひらめき 一真軒(ラーメン 600円)4.0点【福岡】<香春口三萩野>

東京は渋谷区神宮前の「一真軒」に訪麺したのは2011年9月のことでした。そのときのインプレッションはこちら。
「しょっぱめでやや浅いスープ、骨粉は多めで混ぜると色が変わる。なみなみ注がれたスープが出自を思わせる。3.7点」

さて、福岡県北九州市に移転を果たした「一真軒」は、食前に豆と紅ショウガが出されるスタイル。
小倉の地でこれをやられたら、それだけでオールドファンを呼べそう。うまいなぁ。で、ラーメンは

まず、コショウが強い。すっきりかつ若干の骨粉が感じられ良質な豚骨スープですがとにかくコショウが強い
麺は中太ストレート、すべりがよく歯切れよし。チャーシューは多めで四枚。せめてコショウは自分で調整できれば・・・惜しい。

ひらめき 北九州ラーメン にはちや慶次(黒豚慶次 630円 288慶次 630円)3.5点【福岡】<安部山公園>

ぎょらん亭系の名店「十割亭」の跡地にオープンしたこちらの店、
暖簾に十割亭印とあるので関係を訊いてみると、十割亭が閉店しての新規オープンだそう。
ラーメンは鹿児島産黒豚使用で、基本的に「十割亭」と同じとのこと。

そうは言っても、その出来は「十割亭」の三割くらいか。

味の方向性は「十割亭」に似ているものの、パンチ不足、しゃばめ、チャーシュー薄め。
288慶次は旨味強めで味は黒豚慶次とはかなり異なる。残念ながら、これは四井主馬レベルかと。

位置情報-----今号のおすすめショット-----

「一真軒」の「ラーメン」
壁には2012〜2013TRY大賞の豚骨新店部門1位のポスターが貼られていますが
これって移転しても貼っていいのかな?
小倉一真軒ラーメン.jpg

※各店舗の営業時間、住所等の情報は、オゴポコが朝昼晩チェックを欠かさないラーメンバンクでどうぞ
posted by 拉麺本位 at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 短評>九州
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのTrackBack URLです。コピーを押したあと、”Ctrlキー+V”または
”右クリック→貼り付け”で貼り付けできます。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。