2014年04月30日

ラヲタの「鶏白湯」の読み方認識率が80%くらいとしたら、一般人の認識率は?

おつかれ麺です。オゴポコです。

先日、非ラヲタ(30代男性・ラーメンは好きな方)にラーメン情報を教えたときのこと。

「教えてもらった店、どんな味の店ですか?」
「ああ、あの店ね。鶏白湯」
「はい?」
「いや、だからとりぱいたん
「なんですか?その言葉?」

たぶんこれが一般人のラーメン知識なのでしょう。
というわけで、最近食べた鶏白湯情報を伝えるので、ちゃんと読んでおいてください!>その人

ひらめき 征麺家 かぐら屋(濃熟鶏そば 730円)4.2点【東京】<水道橋>

大成食品のプッツリした麺、多彩なトッピング、ねっとり濃厚な鶏白湯スープ。
新橋のあそこと何か関係があるのかな?いやないかな?と思うのは、鶏白湯ラーメンが何故か似たり寄ったりに見えてしまうからか。
隙は無いが嵌り要素も無い、しかし点数は高い。打率2割8分、ホームラン15本の打者といったところか。

ひらめき 麺屋 かのう(濃厚しょうゆ鶏そば 750円)4.3点【東京】<蒲田>

店曰く「濃厚しょうゆ鶏そば」は「濃厚ラーメンの極み」とのことで、こういう文句を見ると色めき立つのが濃厚民族の性というものでして。
さてスープのまとわりつき方は十分、ねっとり濃厚。鶏白湯+醤油だとタレの味がでるかと思ったらさほどでもなしで、平打ち麺によく絡みまくり。
チャーシューはもちろん鶏でして、原了郭の黒七味が合う!少なくとも「つじ田」よりは。

位置情報-----今号のおすすめショット-----

こちらが「かのう」の「濃厚しょうゆ鶏そば」
別メニューの「濃厚鶏白湯そば」は「丸鶏とモミジを合わせた超濃厚Wスープ」らしいのでこれは期待大であります。
かのう濃厚しょうゆ鶏そば.jpg

※各店舗の営業時間、住所等の情報は、オゴポコが朝昼晩チェックを欠かさないラーメンバンクでどうぞ
posted by 拉麺本位 at 22:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 短評>首都圏
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。