2014年04月12日

日本人のストレス軽減のために内閣府は二郎系ラーメンを推進すべきと強く進言いたします

おつかれ麺です。オゴポコです。

年間の自殺者が3万人を下回ったとはいえ、自殺の原因と思われる重いストレスを抱える人が多い日本。
ストレスを抱える人がストレスを解消する手段は色々あるでしょう。酒、ギャンブル、スポーツ、カラオケ・・・そして、二郎系ラーメン。
山のように盛られた二郎系ラーメンをストレッサーに見立て、完食することでストレス解消、同時に高カロリーを燃料として本当のストレッサーを叩き潰せばよいのです。

内閣府はこの効果を認め、週1回程度の二郎系ラーメン摂取推奨、二郎系ラーメン店開店への助成金制度創設を急ぐべきであります。

それでは、他県よりストレス解消の機会に恵まれた東京の中でも、時間的に融通が効く店を2軒ご紹介することにします。

ひらめき ラーメンタロー 大森の陣(小ラーメンヤサイニンニク削り節 650円)4.0点<大森>

某直系二郎出身の方が関わっているとかいないとか、店名がジローではなくタローとか、気になることはありますが大事なのは中身。
スープは非乳化、醤油強め。極太麺は営業中でも店奥の製麺器で随時作っており、弾力よし。チャーシューは多め、やわらか。脂身すくなめ。
深夜まで営業しているので、ストレスで寝つけない人が駆け込み二郎するに好都合な店と言えるでしょう。

ひらめき Dapper Dan NOODLES(醤油(小) 650円)4.0点<五反田>

いまは「凛」とは無関係ですが血統は受け継いでいるThe Outsiders@大崎の姉妹店がココであります。

まず一口噛んで「凛」の麺こんなだったけ?と記憶と違った極太ストレート麺、ややかためです。
野菜はモヤシに刻みキャベツ、スナック菓子を大量に食べた後みたいな後味は「凛」の流れを感じさせます。

「俺は凛系の店じゃないとストレス解消できない!でも凛系の店は営業時間が短いのがなぁ」と思う方に強くおススメします。

位置情報-----今号のおすすめショット-----

「ラーメンタロー大森の陣」の「小ラーメンヤサイニンニク削り節」
次は汁なしの「マゼタロー」でストレス解消する予定です。
ラーメンタロー.jpg

※各店舗の営業時間、住所等の情報は、オゴポコが朝昼晩チェックを欠かさないラーメンバンクでどうぞ
posted by 拉麺本位 at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 短評>首都圏
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのTrackBack URLです。コピーを押したあと、”Ctrlキー+V”または
”右クリック→貼り付け”で貼り付けできます。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。