2014年03月23日

溶き卵ラーメンは溶き方によって全く異なるラーメンになるということが分かってきた件

おつかれ麺です。オゴポコです。

先日名古屋で食べた「萬珍軒」川崎の「ニュータンタンメン」福岡中洲の「辛麺屋 輪」のときにも思いましたが
溶き卵が入るラーメンというのは地域を問わず安定した人気を得られるのかもしれません。
辛いスープ、濃厚なスープ、醤油スープ、何にでも合いそうな溶き卵の万能性。もしかすると味付け煮玉子よりも手堅い商品なのかもしれません。
というわけで、東京で話題&人気の溶き卵ラーメンを一緒にチェックしてみましょうか。

位置情報-----訪麺店寸評-----

ひらめき 玉子とじラーメン 松壱(玉子とじラーメン 680円)4.0点<新井薬師前>

「萬珍軒」出身ということで、一部ラヲタの間で話題のこちらの店。
特徴の玉子ダレは、注文ごとに卵を割って溶いている模様。「萬珍軒」は忙しいからか作り置きしてたような。
テレビで見たとおり、スープは高い位置からザーッと音がするくらい落とすように注ぎ、麺上げは「萬珍軒」同様大きなザル。

スープは卵感が強く、「萬珍軒」より食後感はかなりマイルド。ただし、マイルド過ぎるので海苔やコショウは必要と思えるのは「萬珍軒」と同じ。
本家との違いは色々楽しめましたが、新井薬師住民にとっては出自と関係なしに、単純に美味い溶き卵ラーメンができて嬉しい!ではないかと。

ひらめき ラーメン 大山家昭島店(とき卵らーめん 750円)4.0点<昭島>

武蔵境の本店に訪麺したのは5年6カ月前。純粋に家系としても美味い、加えて「溶き卵ラーメン」を代名詞として掲げる店。
店内口上によると「スープは220kg、一杯あたり700gの豚骨」を謳うわりには食べやすい安定した濃度で、豚骨主体、鶏油抑えめ。
卵は白身と黄身が分かれており、溶き加減はゆるめ。「松壱」のように泡立つほどの溶き加減ではないものの、卵をつまみながら本来のスープも楽しめる仕様であります。
麺はノーマルのラーメンとは異なり、断面が四角いもちもち太麺タイプ。
店の作りやお子さまラーメンの存在からして、家族連れも想定したコンセプトということでしょうか。

位置情報-----今号のおすすめショット-----

「大山家昭島店」の「とき卵らーめん」
結論としては「松壱」のような泡立てタイプより、「大山家」や「ニュータンタンメン」のような粗め溶きタイプの方が好きかも、と気づいた次第。
大山家溶き卵ラーメン.jpg

※各店舗の営業時間、住所等の情報は、オゴポコが朝昼晩チェックを欠かさないラーメンバンクでどうぞ
posted by 拉麺本位 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 短評>首都圏
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのTrackBack URLです。コピーを押したあと、”Ctrlキー+V”または
”右クリック→貼り付け”で貼り付けできます。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。