2014年03月22日

ラーメン界の新・ビッグ3「ソラノイロ」「マタドール」「くろき」が牽引するのは味だけではないようで

おつかれ麺です。オゴポコです。

前にも書きましたが、週刊ポスト2014年2月7日号の記事はまことに興味をそそられる内容でした。

ラーメン界の1996年ビッグ3「くじら軒」「武蔵」「青葉」
ラーメン界の2011年新・ビッグ3「ソラノイロ」「マタドール」「くろき」


三大○○が大好きな日本人にとって、こういう括りの記事は鉄板。
根拠があっても無くてもそう言われると「ああ、三大だから行かなきゃ」と思ってしまうのです。
もちろんオゴポコも三大○○は大好きなのですが、ことラーメンに関しては検証精神豊かなものですから、
ただ受け入れるだけでなく未訪麺の「くろき」は早急に検証せねばと思い続けていました。

そして意を決したとある土曜日、開店30分前に到着すると待ちは4人、開店時には30人の行列。
さすがは新・ビッグ3の一角、行列の長さは96年組以上かも。では、中身は?

位置情報-----訪麺店寸評-----

ひらめき 饗くろき(塩そば 850円)4.3点(味噌そば 800円)4.3点<浅草橋>

「塩そば」は一匙一匙考えながら飲みたくなるような哲学的なスープで、塩ラーメンと言いつつも、甘みもある旨み、みたいな味。
店オススメという細麺は、ボリボリと噛み砕くような食感。低温調理のチャーシュー含めて、技巧をつくした繊細ラーメン。
対して「味噌そば」は、言うなれば、海老煮干し味噌まぜそば。しっかり炒めているので香ばしく、太麺でわかりやすいガッツリ感。
他の新・ビッグ3「ソラノイロ」「マタドール」と同じく、決め球を複数持つスーパーラーメン店と言えます。

ただ、業界を牽引できそうな実力があるのは分かりますが、ここまでレベルが高いと「96年ビッグ3」みたいについてくる(ついてこれる)店があるのか?
その点については大いに疑問であります。

ひらめき らーめん 福籠(味噌らーめん 700円)4.3点<浅草橋>

「くろき」と同じく浅草橋駅から徒歩圏内。「すみれ」出身ということで、油&味噌濃度はしっかり「純すみ」してます。以上。
あ、そうそう「純すみ」直系との大きな違いとなる浅草開化楼の麺はもっとプリプリ感があると「らしさ」があるかも。
味噌ラーメン界のビッグ1「すみれ」の流れを汲む店として、少なくとも恵比寿の「純連」よりはコチラをお薦めします。

位置情報-----今号のおすすめショット-----

「くろき」の「塩そば」は確かに美味いけど、850円は割高感があるなぁ。そういえば「ソラノイロ」「マタドール」も強気の価格設定だった。
そうか、新ビッグ3はラーメン界のインフレも牽引していくということか!なるほど。
くろき塩そば.jpg

※各店舗の営業時間、住所等の情報は、オゴポコが朝昼晩チェックを欠かさないラーメンバンクでどうぞ
posted by 拉麺本位 at 23:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 短評>首都圏
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。