2014年03月09日

国分寺で1時間以内にワハハ、ガハハと笑って、最後にまぜまぜしなさい!→はい、やってきました。

おつかれ麺です。オゴポコです。

オゴポコの東京でのラーメン食べ歩きホームは、大田区蒲田。
よって、電車利用で1時間以上かかる多摩地区は、同じ東京とはいえプチ遠征レベルの覚悟が必要なのであります。

そんなオゴポコが、多摩地区攻略のためにもっとも重要視する店が「ムタヒログループ」

オープンから3年経たないというのに、新宿に集中出店する「凪」のように、国分寺駅近辺で3店舗を構え、TRY入賞も果たすという活躍ぶり。
当然優先順位MAXなのですが、問題は3店舗それぞれ味が違う、3店舗食べてこその「ムタヒログループ」攻略なのではないかということ。
そんなとき、ラヲタがとる行動は当然1つ。

3店舗全部食べればいい。ただ、それだけのこと。

位置情報-----訪麺店寸評-----

ひらめき 中華そば ムタヒロ(ワハハ煮干そば 700円)4.3点<国分寺>

入り口では、ドラえもんと岸辺露伴がムタヒロをアピールしており、漫画界へのムタヒロの浸透具合が見てとれます。さすがはTRY入賞店。

ラーメンは、予想していた通り、ざっくり分類すると「燕三条背脂煮干し系」
太縮れ麺はややソフトな感触で縮れ強め、お子様でも噛みきれそうな優しさ設計。
スープの上には、一塊になった背脂が載り、自分のペースで溶かせるので、苦すぎず薄すぎずの煮干しスープを楽しみながら食べ進められる優しさ設計。

薄暗いバーのような店内あh、木や手書きのアイテムを多用した手づくり感満載。
お子様ラーメン無料、飴配付、ポイントカード、店のロゴ、ユニフォーム、オペレーション・・・
世界観が統一されており「美味しく感じさせる仕組み」が出来上がっている点は「凪」同様、上手いねぇ。

ひらめき 鶏そば ムタヒロ(ガハハ鶏そば 700円)4.2点<国分寺>

ジャンルとしては醤油ラーメン、しかしシステムは博多ラーメン。

麺の硬さ指定可能。薬味として生姜かゆず胡椒。替え玉も可能。
ラーメンは鶏油+醤油、旨味強めのスープにふすま入りぽい平麺。つるつるした口あたり。
鶏そぼろ、鶏チャーシューと鶏まとめられており、例えば「ロックンロールワン」みたいに
哲学的な味になりがちなこのジャンルにしては分かりやすいポイントばかりで好印象であります。

食後は、完食のお礼の声掛け、忘れ物が無いかの声かけ「気持ちよく食べて帰ってもらう」この気遣い、上手いねぇ。

ひらめき まぜまぜ ムタヒロ(まぜまぜ並 700円)3.8点<国分寺>

まず言いたいのは、ワハハ、ガハハ、ときたら3号店も笑い声にしてほしかった!ということ

野菜、麺大盛は無料。麺は並で200G。
まぜそばの「まぜまぜ」は、煮干等の魚粉が入り、魚介とタレの味がかなり濃いめ。しまった、これは卵黄が必要だったか・・・。
ラー油、にぼし酢、マヨネーズ、ガーリックフライを投入して味の中和を図るも舌に染み入る味の濃さは変わらず。

スープやご飯が無料オプションなので、それらを駆使する前提なのかもしれませんが、例えば「ジャンクガレッジ」のように
まぜそば単品で完結できるものであれば、アハハまぜそば?になれるかも。

位置情報-----今号のおすすめショット-----

3店舗食べた上でじゃあどこが一番おすすめ?と訊かれたら、結局1号店の「ワハハ煮干そば」という結果でありました。
ムタヒロワハハ煮干そば.jpg

※各店舗の営業時間、住所等の情報は、オゴポコが朝昼晩チェックを欠かさないラーメンバンクでどうぞ
posted by 拉麺本位 at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 短評>首都圏
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。