2014年02月17日

あの有名店のつけ麺をあまり待たずに食べられますよ!という耳よりな話(川崎市又は東京都大田区在住の方へ)

おつかれ麺です。オゴポコです。

美味しいつけ麺が食べたい!でも、あまり遠くまで行きたくない、並びたくない。誰しもが思うことです。
そんなあなた(ただし、川崎市又は東京都大田区在住の方)にお教えします。2軒のつけ麺店。
え?もう知ってるって?じゃあ、それが一致してるかどうか、続きを読んで確かめてみても損はないでしょう。

位置情報-----訪麺店寸評-----

ひらめき つけめん 玉 ラゾーナ川崎プラザ店(つけめん 780円)4.2点<川崎>

もしかしたら、ラゾーナ川崎のフードコードは日本一レベルの高いフードコートかもしれません。

清湯と豚骨魚介どちらもハイレベルの「麺屋 一燈」
人気博多ラーメン店の「ばりこて」
神奈川を代表するつけ麺の名店「玉」
盛岡冷麺の人気店「ぴょんぴょん舎」
※ラーメン以外では、日本橋本店では1時間以上待つのは当たり前の天丼の人気店「金子半之助」もあり

寒い中並ぶこともなく、立ちっぱなしで足が痛くなることもなく、特別高い料金を払うこともなく、ただ呼出しブザーを持って座って待てる環境。
この日は「一燈は全種類食べてるし、久々に玉のつけ麺でもたべてみるか」と軽い気持ちで「つけめん 玉」のつけ麺を食べられてしまいました。
何なら「余裕があるから、やっぱり一燈も食べようかな?」なんてこともできてしまう。夢のようなフードコートなのであります。

その「玉」のつけ麺が、これまた美味い。麺はふすま入りでしょうか、ガチムチで腹いっぱいになる麺。
つけ汁は甘みうまみ濃度、どれも十分。もっと熱々であれば言うことなし。しかもスープ割まで付いてます。

もしラゾーナ川崎以上のフードコートをご存じの方がいればご一報ください。勉強しに参ります。

ひらめき つけめん たけもと(鶏と魚介のつけめん 800円)4.3点<雪が谷大塚>

TETSUのつけ麺の完成度は、TETSU出身店に行くとよくわかる。その事実をまた経験してしまいました。

店の前には、村上朝日製麺所のでかい立て看板。厨房には焼き石がスタンバイ。全く無駄のない流れるようなオペレーション。
池尻大橋駅近くの「和利道」もそうですが、この店も入るなり「TETSU関連だな」と思わせる特徴が散見されます。味もまた然り。

どろっとしたつけ汁は、味が強くややもすると飽き気味になりそうなところで、レアチャーシュー、鶏皮唐揚げでフォロー。
きっちり冷水で締められ、剛性高めの麺でつけ汁が冷えたら、焼き石、スープ割と続くフォロー。この飽きさせないストーリー、見事なTETSU脚本を踏襲しています。
いまのところ「濃厚鶏魚介つけ麺」は「二代目狼煙」が一番だと思っていますが、食べ終えるまでのストーリーまで含めた満足度はTETSU脚本には敵いませんね。

位置情報-----今号のおすすめショット-----

見ためにも美しい「たけもと」の「鶏と魚介のつけめん」。
余談ですが、完璧なTETSUに一つだけ注文をつけるとしたら、店舗ごとの味の違いを公式サイトに公表してほしい!ということ。そうすれば、各店舗をまわってみたくなるのに・・・
たけもとつけ麺.jpg

※各店舗の営業時間、住所等の情報は、オゴポコが朝昼晩チェックを欠かさないラーメンバンクでどうぞ
posted by 拉麺本位 at 00:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 短評>首都圏
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。