2013年12月22日

【2013年12月第4号】ラヲタの皆さん「ストレート麺と縮れ麺、よりスープを持ち上げるのはどちら?」と訊かれたら何と答える?

おつかれ麺です。オゴポコです。

録画したラーメン番組を毎日のように確認していると、ラーメン番組(またはラーメン特集)はパターン化されていることに気づきます。
タレントのラーメン店紹介、ラーメン店主の苦労話、ラーメンイベントの特集、ラーメン店開業の裏話、ご当地ラーメン紹介などなど。
「またかよ」と思うようなこともあるっちゃあるのですが、ときにはオゴポコが知らないようなラーメンウンチクに出会うこともあります。

最近面白かったのは「所さんの目がテン!」で実証された「ストレート麺と縮れ麺、よりスープを持ち上げるのはどちら?」という企画。

答えは「ストレート麺」でして、理由はストレート、しかも細ければ細いほど「毛管力」が強いからだそう。
つまり、博多ラーメンのような極細ストレート麺のほうがスープをより吸い上げるのだとか。

というわけで、スープの吸い上げでは豚骨に負けるものの、血統の良さでは折り紙つきといえる神奈川の醤油ラーメンを2つほど紹介します。

位置情報-----訪麺店評価リスト-----

ひらめき 麺屋こじろ(醤油ら〜めん 750円)4.0点<藤沢>

店の前に掲げられた「これがら〜めんです」のタペストリー、さすが「めじろ」のDNAを引き継ぐ店です、自信がありあり。
味の方も「めじろ」同様、一口目は頼りなく、かための細縮れ麺を啜り続けていると、じわじわと魚介や醤油が口の中に滲み出る、ような。
このラーメンの麺は、スープを持ち上げるとか持ち上げないとかではなく、スープを口に染み込ませていくのが役割なのか?
やや心配なのは、昼というのに薄暗い店内。スナックみたいな非日常感で、この店の雰囲気も「めじろ」に似せた、というのは考えすぎか・・・。

ひらめき もりの中華そば(中華そば 650円)4.2点<綱島>

あの「多賀野」出身、TRY新人賞にもランクイン、ということで行列覚悟で行くとやっぱり大行列のこちら。
スープ作りの特徴は「小鍋で追い煮干し」という情報は知っていたので予想はしていましが、スープはかなりの熱さ。
いや確かにスープは熱い方がいいとは思いますが・・これはちょっと熱すぎ。熱いのでスープと麺を同時に楽しみにくく、やや冷めるのを待ちながら、
麺がスープをあまり持ち上げないように慎重に食べ進む。
そうすると、もっと魚介の風味が強いかと思っていた予想とは異なり、どっしり感の方が印象に残る展開です。麺は140Gでたっぷり。
ラーメンの提供温度について考える機会はそうそうないので、そういう意味では記憶に残る一杯でありました。いやいや、味はよかったですから、誤解なさらぬように。

位置情報-----今号のおすすめショット-----

「こじろ」の「醤油ら〜めん」はやはり「めじろ」似。焦がしネギと「めじろ切り」のネギを見て「ああ、なるほど」と悦に入るラヲタは多いことでしょう。
こじろ醤油ら〜めん.jpg

※各店舗の営業時間、住所等の情報は、オゴポコが朝昼晩チェックを欠かさないラーメンバンクでどうぞ
posted by 拉麺本位 at 00:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 短評>首都圏
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。