2013年12月08日

【2013年12月第1号】「維新」の意味は「すべてが改まって新しくなること」(goo辞書より)

おつかれ麺です。オゴポコです。

日本人なら、耳にするだけでなぜかワクワクしてしまう一言。「維新」という言葉にはそういうパワーがあるような気がします。
だからこそ、明治維新から100年以上経ったいまでも「日本維新の会」という党があるのかもしれません。

さて、改めて「維新」という言葉の意味を調べてみたらば、その意味は「すべてが改まって新しくなること」(goo辞書より)だそう。

では、横浜と目黒で「維新」を掲げ、各方面から高い評価を得ているあの店の「維新度」は如何ほどか?
それを確かめる方法はひとつ、両方食べるのみ。

位置情報-----訪麺店評価リスト-----

ひらめき 中華そば 維新商店(中華そば 690円)4.6点(柚子塩そば 850円)3.9点<横浜>

JR横浜駅から徒歩で行ける「維新商店」の場所は、もともと「麺や維新」だった場所。約5年前の訪麺では「神奈川淡麗系のなかなか美味い店」程度の感想でしたが・・・

維新、というよりは(良い意味での)王政復古とでも言うべき大改革!

醤油の丸み旨みの安定感を保ちつつ、時折、生姜風味が刺さるスープ。口内でもごもごと踊る、強い縮れのパワフル平太麺。スープと麺の両方に絡む脂片。
この「懐か新しい」醤油ラーメンであれば、懐古主義者も維新主義者も納得させられることでしょう。

ちなみにもうひとつ「柚子塩そば」の方は、あまりにも斬新すぎる一杯。注意書きが必要なレベルの「柚子強すぎ危険」なラーメンです。要注意。

ひらめき 麺や 維新(醤油らぁ麺 750円)3.9点(柚子塩らぁ麺 850円)3.9点<目黒>

横浜から上京してきた目黒の「麺や維新」でも、「維新商店」と同じく醤油と柚子塩の両方を確認。

「醤油らぁ麺」は、個人的に「鶏旨味醤油ラーメン」と括っているジャンルのラーメン。
「69'N'ROLL ONE 赤坂本店」の「2号らぁめん」「やまぐち」の「鶏そば」と同じ括りと捉えておりますので、その体で話を進めます。
「醤油らぁ麺」は熱々、鶏の香りも心地よい醤油ラーメンではありますが、同価格の「やまぐち」の「鶏そば」と比較するとバージョンダウン感は否めないか。
麺はつるつる、なまめかしさは良いのですが、歯切れの良さと粉感は、やはり「やまぐち」に軍配。
もし都内でこの手のラーメンを食べたいので教えてくれ、と言われたら同価格の「やまぐち」を薦めるでしょう。

さて最後に「柚子塩らぁ麺」ですが、やはり柚子が丼を占拠しております。「維新商店」よりは占拠率は低いものの、
柚子塩ラーメンと聞いて、柚子をアクセント程度で考えていたら危険です。券売機に注意書きが必要なレベル。

位置情報-----今号のおすすめショット-----

「維新商店」の「中華そば」は、今年食べた醤油ラーメンの中ではピカイチ。あと一カ月でこれを超える醤油ラーメンに出会えるかな〜?
維新商店中華そば.jpg

※各店舗の営業時間、住所等の情報は、オゴポコが朝昼晩チェックを欠かさないラーメンバンクでどうぞ
posted by 拉麺本位 at 21:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 短評>首都圏
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのTrackBack URLです。コピーを押したあと、”Ctrlキー+V”または
”右クリック→貼り付け”で貼り付けできます。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。