2013年11月24日

【2013年11月第3号】「地方店を東京で食べるなら、地方の本店食べてから」これ基本です。

おつかれ麺です。オゴポコです。

大つけ麺博、東京ラーメンショー、お台場ラーメンPARK、その他諸々。ラーメンイベントてんこ盛りの東京ラーメン界において、
東京は池袋で、長期単独ラーメンイベント「石神秀幸厳選 極み麺 selection」が開催中。
他のイベントと異なりラーメン店の席はひとつですが「旬の地方店」を呼び寄せるプレミア感は、他のラーメンイベントとは一線を画したものであります。

ただし「地方店を東京で食べるなら、地方の本店食べてから」となるのがラヲタの素直な心情。

よって、長野から来ていた第一弾「麺屋 白神」は泣く泣くスルーしましたが、青森から来た第二弾「長尾中華そば」は遠慮なく行けるぞぉ〜!

位置情報-----訪麺店評価リスト-----

ひらめき ラーメン凪 炎のつけめん(炎のつけめん 780円)4.2点<新宿>

池袋の前に、新宿の宿題提出。
「凪の上の凪」として知られる「炎のつけめん」であります。
麺は小(200G)、中(300G)、大(400G)から小を選択し、辛さは普通。
さすがに麺はうまいむっちり食感、汁自体は甘めスッキリタイプで、麻婆が激辛。唐辛子の辛さで、痺れはなし。
これで麻婆が熱々なら文句なしだが・・・。

ひらめき らぁめん ほりうち(ざるらあめん 850円)3.9点<新宿>

池袋の前に、更に新宿の宿題提出。
とにかく麺多し。もしかして400Gオーバーか?麺はぬるめ、どぅるっと口内で動き回る。汁はシンプルに醤油味、後味やや悪し。
今年4月に食べていた近くの「満来」ともども「一度は食べておけ」の店、無事クリアできて一安心です。

ひらめき 長尾中華そば東京池袋店(中華そばこく煮干し 800円)4.3点<池袋>

池袋の宿題提出。
麺は三河屋製麺だそうで、厚みのあるスープに煮干し特有の「苦」がしっかり混入し、大人の苦みがわかる人向けの秀逸な一杯ですが、
青森の本店とはだいぶ違うような・・・あ、青森で食べたのは超高濃度煮干の「ごぐにぼ」だったか!
いまや都内に氾濫してしまった煮干系ラーメン事情をかんがみると、正直珍しさはないものの、先駆者としての貫禄十分と言えるでしょう。


位置情報-----今号のおすすめショット-----

「長尾中華そば東京池袋店」の「こく煮干し」
文句はありませんが、店がお勧めする納豆トッピングに異議あり。納豆嫌いとしては狭い店内に納豆臭が充満する環境はちょっと・・・
長尾中華そば池袋.jpg

こちらは約2年前の「長尾中華そば青森本店」の「ごぐにぼ」
一目見てわかる、まがまがしいほどの煮干色。朝7時の開店直後、恐らく人生で最もヘビーな朝食だった。
ごぐにぼ.jpg

※各店舗の営業時間、住所等の情報は、オゴポコが朝昼晩チェックを欠かさないラーメンバンクでどうぞ

posted by 拉麺本位 at 16:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 短評>首都圏
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのTrackBack URLです。コピーを押したあと、”Ctrlキー+V”または
”右クリック→貼り付け”で貼り付けできます。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。