2013年10月14日

【2013年10月第1号】あの一風堂のちゃんぽん専門店「ちゃんぽん太郎」でさえ生き残れなかった激戦区の状況報告

おつかれ麺です。オゴポコです。

新宿、渋谷、池袋、荻窪・・・東京のラーメン激戦区は数あれど「街の特徴=ラーメン激戦区」として最も認知されている地域といえば

「高田馬場」

でしょう。自身、この街から遠ざかること約11カ月、ラヲタとして反省しきりであります。
その反省から、この日はオゴポコのラーメン用エバーノートの「高田馬場」に宿題ランクAで記載されている2軒を訪麺した次第です。

位置情報-----訪麺店評価リスト-----

ひらめき らぁ麺 やまぐち(追い鰹中華そば 750円)4.2点(鶏そば 750円)4.4点<高田馬場>

店頭には、あのラーメンをたくさん食べている官僚さんの推薦コメントが!彼が生涯食べた8000杯(マジで?)の頂点の一杯だそうです。
「追い鰹中華そば」は、鰹が鋭く刺さる味、しかし、鶏のうまみもどっしりあり。「棣鄂(ていがく)」のなまめかしい麺は啜り心地良好。あとは、このネーミング、秀逸です。言い得て妙。
「鶏そば」は、オゴポコ的に大きく分類すると「69」な一杯、鶏旨味醤油ラーメン。この構成は人気構成として認知されてきたのかな、との思い。「驚き」よりは「安心」を感じる一杯です。

ひらめき 鶏白湯麺 蔭山 高田馬場店(鶏白湯麺 850円)4.3点<高田馬場>

こちらは自由が丘の中華料理店からラーメンがスピンアウトしてできた店、だったか。場所はかつて「玄瑛」が関わっていたこの店があった場所。
思いのほかねっとりしたスープ、鶏の密度は十分。捻転した太麺がすごく絡んできます。ただ、丼の口径が小さくて麺を引き上げづらいため、食べにくい。
更に、プチごはん、味玉が強制的についてくるのはマイナスポイント。ラーメン専門店なら選択制にしてリーズナブルにしてほしいところであります。

位置情報-----今号のおすすめショット-----

ラーメン官僚さんが推しまくる「やまぐち」の「追い鰹中華そば」と「鶏そば」のツーショットをどうぞ。
それにしてもあの官僚さん、既に8000杯も食べていたのか。単純に年800杯でも10年。オゴポコなんか足元にも及びませんわ。
やまぐち追い鰹中華そばと鶏そば.jpg

※各店舗の営業時間、住所等の情報は、オゴポコの中で超らーめんナビより利用頻度が高くなってきたラーメンバンクで確認ください

posted by 拉麺本位 at 01:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 短評>首都圏
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。