2013年09月29日

【2013年9月第8号】豚骨界の英知を結集した最高級ラーメンで「お・も・て・な・し」

おつかれ麺です。オゴポコです。

2013年8月第6号で申し上げたとおり、新宿は、オゴポコにとってラーメン食べ歩きを開始した地。
新店、話題店は東京中にありますが、なぜか足を運んでしまう場所でもあります。

しかし、食べ歩き原点の店「麺屋武蔵新宿本店」に最後に訪麺したのは4年以上前ですがね。

今回は、東京では名の知れた二軒の支店を連続訪麺してみました。

位置情報-----訪麺店評価リスト-----

ひらめき 俺の空 新宿店(掛け豚そば 800円)4.3点<新宿>

あの伝説のラーメンランキング番組から何年経ったのか・・・。
この番組で「高田馬場の一ラーメン店」から「全国一のラーメン店」へ立身出世を果たした「俺の空」が、新宿に支店をオープン。

スープは万人が安心納得の「適濃豚骨魚介」ですが、具の「ほぐし豚」「刻みタマネギ」麺の「極細ストレート麺」を
組み合わせるスタイルはいまも新鮮に思えます。つまり「青葉インスパイア」は数あれど「俺の空インスパイア」は目にしない。これはなぜでしょうね?
もしあったとしても、一杯800円の強気価格はインスパイアしなくていいんですが・・・

ひらめき 凪ヌードルバー 歌舞伎町店(凪王 800円)4.1点<新宿>

オープンしてしばらくは煮干ラーメンを出していたようですが、現在は豚骨ラーメンへシフトチェンジしております。
店曰く「最高級白湯ラーメン」とのこと。煮干を食べたい人は「新宿ゴールデン街店」へ、とのお達しあり。

その最高級な一杯を食べるために必要な作業、それはオーダーシート記入でありました。
オーダー方法は「一蘭」風、やや甘めの豚骨スープに香油と辛みダレは「一風堂」風、と感じた次第。なお、角煮状のチャーシュー2つはかなり食べごたえがあります。
一杯800円は歌舞伎町価格ですが、確かに豚骨界の英知を集めた最高級!!のように思えなくもないです。

位置情報-----今号のおすすめショット-----

「凪ヌードルバー」のオーダーシート
よく見ると「OMOTENASHI」って、オリンピック招致プレゼンを先取りしていたか・・・!
凪歌舞伎町シート.jpg


※各店舗の営業時間、住所等の情報は、オゴポコの中で超らーめんナビより利用頻度が高くなってきたラーメンバンクで確認ください

posted by 拉麺本位 at 20:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 短評>首都圏
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。