2013年09月09日

【2013年9月第4号】最近、家系ラーメン店で酒井製麺を見かけること、多くないですか?

おつかれ麺です。オゴポコです。

自転車を駆って、電車を乗り継いで、時々無性に食べたくなってしまうラーメン、それは横浜のご当地ラーメン「家系ラーメン」
神奈川県に接する大田区は、他の区と比較して「家系」の店が多いように思えます。その大田区・蒲田をホームとするオゴポコにとって、
評判の良い家系ラーメンは、割と優先順位高だったりするのです。そう、時には麺屋武蔵よりも・・・

位置情報-----訪麺店評価リスト-----

ひらめき いずみ家(らーめん並 650円)4.3点<馬込>

さて「いずみ家」は「酒井製麺の麺使用」「名家・寿々喜家出身」というキラーワードを持っており、これだけで訪麺価値ありと踏んでやってきたわけですが、
黒の木目調カウンターや清潔感ある造作、暖色系照明、意外にも「女性ひとりでも入れる家系ラーメン店」と言えそうです。
※「え?今どきそういうラーメン屋さんはいっぱいあるでしょ?」というあなた、とりあえず「吉村家」に行って溢れ出る男臭さを体験してきなさい!

で、肝心の味は?

スープ濃度、鶏油、もぐもぐした短め麺、さすがの塩梅で、毎日食べられそうな家系であります。
家系にも色々な派閥がありますが、筆頭格の吉村家直系と伍する満足度と言ってよいでしょう。

ひらめき ○貴家(ラーメン 650円)3.9点<蒲田>

JR蒲田駅東口を出て左へまっすぐ。飲食店が居並ぶ路地にいつの間にか家系ラーメンが!しかも「酒井製麺」!
そういえばJR蒲田駅西口の「えびす家」も酒井製麺だったが、ハードルが低くなっているのでしょうか。
ネットの物件サイトに掲載されている開業レポートによると、修行先は足立区にあった「神座」か?

どノーマルで注文したにも関わらず、かなりの「あじこめ」仕様。鶏油も目立つ。吉村家直系インスパイア?と思ってしまったではないか!
悪くはないが、もっとスープ本体のボディが強ければかなり変わりそうな。
次は家系では珍しい「まぜそば」だな。

位置情報-----今号のおすすめショット-----

この丼、このスープの色。直系へ近づけど直系になることは永遠に適わない、家系の血筋というのはそういうものです。
※直系うんぬんはオゴポコの妄想です
○貴家ラーメン.jpg

※各店舗の営業時間、住所等の情報は、オゴポコの中で超らーめんナビより利用頻度が高くなってきたラーメンバンクで確認ください

posted by 拉麺本位 at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 短評>首都圏
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。