2013年08月24日

【2013年8月第6号】激戦区かつ思い出の地・新宿にて。

おつかれ麺です。オゴポコです。

ラーメン激戦区とは何か?
狭い地域にラーメン店が集まっていること(量)、人気店や有名店が含まれていること(質)など色々条件はあろうかと思います。
東京であれば、高田馬場、池袋、渋谷、荻窪・・・枚挙にいとまはありません。

さて、そこで、新宿はどうなのか?

小滝橋通り、歌舞伎町、大久保周辺・・・広範囲に渡る、大激戦区、といって差し支えないでしょう。
オゴポコにとっても、ラーメン食べ歩きを始めるきっかけとなった「麺屋武蔵 新宿本店」があることから、
ラーメンマニア人生発祥の地として意識し続ける地でもあります。

そんな新宿で気になっていた2軒、さらっと行ってみました。

位置情報-----訪麺店評価リスト-----

ひらめき 麺処 hachi(濃菜醤油ラーメン 700円)4.0点(ニボトマラーメン 850円)4.2点<新宿>

「濃菜醤油ラーメン」は、濁りスープはねっとり複雑、野菜感たっぷりで、未体験の味。ただ、記憶に残りにくい・・アブストラクトな味。
チャーシューは2種類、麺はやや柔の緩く縮れた細麺、麺が引き上げづらい!
麺、スープ、具ともにいいのに、このがストレス。麺の量を減らすか、スープを増やすか、丼を変えて、麺を自由に泳がせてほしいところです。
一方「ニボトマラーメン」は、最初は煮干しが目立ち、後からトマト味が顔を出す重層攻撃。底にトマトを沈めてたのか?。チャーシューは牛かな。
ただ、こちらも麺が引き上げづらい!

ラーメンだけで10種類が並ぶ超技巧派店なので、何度も通って楽しむ店といえます。

ひらめき 五ノ神製作所(海老リッチらーめん 750円)4.0点<大久保>

店から漏れてくる匂いを嗅ぐだけで味が想像できてしまう店・・・それがここ。
レンゲ半さじを口に運んだ段階で、エビックス(※海老のブリックス)最高濃度の確認が完了しました!
海老を食べたい・・・、しかし飽きる、でも食べたい・・・
この悩みを解消するために、トッピングのキャベツ、メンマ、チャーシュー総動員で舌をリフレッシュしようとしますが、やっぱり効果は薄かった。
一点、注文をつけるとすれば、この重量スープを持ち上げる麺。やや牽引力弱し。やはり「五ノ神製作所」の本質はつけ麺だ。

位置情報-----今号のおすすめショット-----

こちらの「海老リッチらーめん」の海老が強烈過ぎて「次に食べるのは1年後くらいでいいかな」と思ってたら
「海老トマトラーメン」「海老油そば」がスタートした模様。次は2人で行かないと、全部制覇するのに時間がかかり過ぎるわ・・・
五ノ神製作所海老リッチ.jpg

※各店舗の営業時間、住所等の情報は、オゴポコの中で超らーめんナビより利用頻度が高くなってきたラーメンバンクで確認ください

posted by 拉麺本位 at 16:24 | Comment(1) | TrackBack(0) | 短評>首都圏
この記事へのコ麺ト
数年前にこの界隈を通りました、この近辺だと確か中本や武蔵を訪麺した記憶が有ります。今この
界隈は別の意味で有名に成りましたね。ちなみに私は少しザイトク寄りです←やり方はえげつないけど。
Posted by カズ at 2013年08月24日 17:47
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのTrackBack URLです。コピーを押したあと、”Ctrlキー+V”または
”右クリック→貼り付け”で貼り付けできます。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。