2013年08月03日

【2013年8月第1号】本編とは関係ありませんが、麺屋武蔵@蒲田はまだ工事中で看板なし。店名はわかりません。

おつかれ麺です。オゴポコです。

「超らーめんナビ」の達人速報および達人関連情報が止まって早2カ月・・・
いまだに達人情報の取り扱いをどうするのか?はっきりしませんね。
月々100円の支払いのうち90円は達人情報のために払っていたつもりのオゴポコとしては、そろそろ公式見解がほしいところ。

もちろん「新達人就任」の依頼は、やぶさかではありません!(笑)

位置情報-----訪麺店評価リスト-----

ひらめき 鶏ポタラーメン THANK(ラーメンぽてり 680円)4.3点(ラーメンとろり 680円)4.4点<大門>

あの「ラーメンゼロ」店長が独立して開いた店とのこと。数ある東京のラーメン店の中から当たりの店を選ぶには、こういった情報はまことに大事です。
結論から言うと、やはり「当たり」でありました!

鶏白湯と野菜のポタージュ。東京では散見されるタイプのラーメンですが、とにかく高品質。
一番人気は、濃度中くらいの「とろり」だそうで、確かに、ちょうどよい粘り気です。一方「ぽてり」は明らかにざらつきがありまして「ぽてり」ではなく「ざらり」と言ったところ。
麺は国産小麦の極細ストレートで、硬さ指定可能。スープをよく持ち上げます。

ラヲタは「情報を食っている」だけではなく「情報で選んでいる」のであります。

ひらめき 恵比寿のパンダ(つけナポリタン 930円)4.3点<恵比寿>

「恵比寿のパンダ」は、こちらのつけナポリタン公式サイト掲載店「ライオンのいるサーカス@恵比寿」の関連店。
昨年訪麺した「ライオンのいるサーカス」は行列してましたが、こちらは客ゼロ。大丈夫か?と思いきや、後からどんどん客が入ってきました。
ただ「つけナポリタン」注文は少ないようで・・・

「ライオン〜」と同じく、炒められた麺に、牛スジ煮込みトマト味のつけ汁。麺の油、牛肉の脂質、トマトの酸味が混ざりあえば、そりゃうまいでしょ!

ちなみに「つけナポリタン」の考案者は、人気店「めん徳二代目つじ田」の店主。
静岡県富士市吉原商店街発祥のご当地グルメであることは(ラヲタにとっては)常識ですね。

位置情報-----今号のおすすめショット-----

え?「つけナポリタン」をご存じない?そんなあなたはこのビジュアルを覚えてください。
あと発祥の店は、富士市の「喫茶 アドニス」ね。これ大事。

恵比寿のパンダつけナポリタン.jpg

※各店舗の営業時間、住所等の情報は、オゴポコの中で超らーめんナビより利用頻度が高くなってきたラーメンバンクで確認ください
posted by 拉麺本位 at 19:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 短評>首都圏
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。