2013年05月19日

【週報:2013年5月第2号】みなさん、今号はいい豚骨が入りましたよ!

おつかれ麺です。オゴポコです。

もし「オゴポコのホームは福岡なのか?東京なのか?どっちなのかはっきりしろ!」と詰問されたら、さて、何と答えるか?

難しいですねぇ、この問いは。

例えば、日本のプロ野球選手がメジャーリーグに挑戦して「お前のホームはどこだ?」と問われるのと同じかもしれません。
だから、オゴポコは「いつか福岡に錦を飾ります」とだけ言っておきましょうか。

位置情報-----訪麺店評価リスト-----

ひらめき宗 sou(らーめん 490円)4.7点【福岡】
 『有名店で修業した兄弟が激戦区、薬院にラーメン店をオープン!』だそうで、福岡のラーメンにちょっと詳しい人なら
 誰もが知るあの店とあの店での修行経験あり、らしいです。
 麺は確か「慶史」だったか。粉ぽさと歯切れの良さが好印象の麺が沈むスープの質がとにかくオゴポコ好みであります!
 骨とアクの強さで「オラ、豚骨が食べたいんだろ!?」と押してくるストロングトンコツ。
 神聖豚骨帝国のルールに従い(?)当初の650円から490円に値下げしたそうですが、このスープならワンコインではなくツーコインラーメンになっても満足です。

ひらめきラーメン仮面55(エスニックラーメン 580円)4.3点【福岡】
 これは、スパイスラーメンの革命ではないか!?麺がやや弱いものの、久しぶりにラーメンを食べて驚いた。
 公式ブログによると「チキンと鰹ダシ」らしいのですが、前面に出るのはスパイス、しかし、押しつけがましさはなくマイルド。
 人気カレー店「ツナパハ」等と同じ経営母体らしいので、スパイス界からラーメン界への異業種参入といったところか。
 580円のまま東京に持っていったらすぐ話題になりそう。

ひらめき麺劇場 玄瑛(玄瑛流ラーメン 750円)3.8点【福岡】
 スープは軽い豚骨。いやそれはいいとして、油で魅せるラーメンだったはずだが、今日は油が浮き気味。
 一体化した「アブラーメン」が持ち味なのに、この日は「油ラーメン」だった。
 夜、オゴポコひとりで劇場独り占め、というのは、逆に緊張しますな。

ひらめきJinGu(らーめん 780円)3.9点【東京】
 自称「日本一の牛骨ラーメン、を目指して奮闘中」だそうですが、豚骨、鶏ガラも使ってるそうです。
 ねっとりしたクリーミースープに、ぱつぱつした麺。チャーシューは牛と豚一枚ずつですが、スープに鶏も入ってるなら鶏チャーシューもあるとなおいい。
 最後、ややしょっぱめで、喉が渇いてしまいました。

位置情報-----週刊ベスト-----

この週、写真でもう一度振り返りたいラーメンは2つ。

最初に「宗のラーメン」
「500円は切っても豚骨臭さは落とさない」という不屈の意志が感じられるルックス。これを貫けるかどうかが鍵になるのでは。

宗らーめん.jpg

次に「ラーメン仮面55のエスニックラーメン」
見目麗しいスパイスラーメン。福岡でこれほどルックスに感心したラーメンは初めてかも。
ただ「55」と書いて「PAHAPAHA(パハパハ)」と読む店名が紛らわしい。「オゴポゴ」「オゴボコ」とか言い間違われるラヲタとしては改名を薦めますが・・・

55エスニックラーメン.jpg

5月の二週目は、日本のプロ野球もやるな、と思わされた週でありました。
posted by 拉麺本位 at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのTrackBack URLです。コピーを押したあと、”Ctrlキー+V”または
”右クリック→貼り付け”で貼り付けできます。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。