2006年11月11日

一骨家@大分 − 東京生まれの骨っぽいやつ

一骨家.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

ラーメン食べ走り(車だから)は佐伯市から大分市へ。
目指した先は、濃厚な豚骨ラーメンを提供するという「一骨家」。

「天然自家製麺」
「極厚豚骨スープ」
「炙りチャーシュウ」

の謳い文句がお出迎えです。
で、細かいことですが「天然」の自家製麺ってどういう意味でしょうか・・?
自家製麺にも天然モノと養殖モノがあるのか・・?

一骨家看板.jpg一骨家メニュー.jpg

店内は、どことなくアメリカンなバーっぽい雰囲気です。
座って辺りを見回すと、おや、「東京とんこつらーめん」ですと?ほう、興味深い。

では、メニューを見てみますか・・って、え?普通のラーメンは?
この店には「ラーメン」はないようです。メニューのトップにあるのは厚切り炙り焼きチャーシュウ麺
あとはチャーシュウの枚数に応じて価格が上がります。あくまでチャーシュウをアピールする方針のようです。

ちょっと面倒になったので「ラーメンください」というと、「チャーシュウは1枚でいいですか?」
と聞き返してきたので「小ブタで」などとは言わずに「はい」と答えます。

一骨家ラーメン.jpg

はいでました、この丼、というより、皿?
正方形の各頂点がクイッと上を向いており、スープ全体が空気に触れやすくなっています。
何を狙っているかは分かりませんが、確実にスープは節約できそうです。

さて、その大切なスープは、確かに骨骨した粉っぽいスープ。
ですが、後味がイマイチ。骨っぽさが先立ち、魁龍のような完成度はないか・・。
麺はソーメンなみ、かなりの極細麺。プツプツした感触は苦手なタイプです。
自慢のチャーシュウは最初から刻まれてます。肉肉しさが良い感じです。

総じて、いい線いってるんですが、どこか香@別府に似た「惜しい」感が漂います。

1杯食べ終え、「東京の店ってどこかな〜?」と思い店長さんを探しますが、
さっきから挨拶の声だけ聞こえて姿が見えません。
そう、裏のスープ室でずっとスープ作ってます。ご苦労さまです。

大分のラーメン本を見てみると「横浜と長浜でうんぬん」と書いてありますが真相は不明。
とりあえず忘れて、次の店に向かいます。

↑写真は全てクリックで拡大します!

一骨家
住所:大分市畑中658-1
時間:11:00〜22:00
休み:なし
HP:?

点数:3.9点

※地図で場所を確認したい方はこちら↓をクリックしてください



posted by 拉麺本位 at 01:13 | Comment(4) | TrackBack(1) | 訪麺:大分県
この記事へのコ麺ト
今勢いのある大分の店ですね、スープは塩辛さが目立ってどうかなとは思います(^^;)若い人向けですかね

チャーシューは切って出すのは初めて見ました、あぶってました?基本は炙りチャーシューメン(1枚)みたいですのでね

ここは以前から自家製麺という話でしたが、この間製麺所の箱に入ってる麺の山見つけてしまって(^^;)ちょっとだけ疑ってます

次はこのコースなら丸○かな(^^;)
Posted by 夢夢ちゃん at 2006年11月11日 09:32
>夢夢ちゃんさん
チャーシュウは炙ってました。
客層は、確かに若い人が多かったです。ウンチク先行の
感がありますが、状態が良ければ化けそうなお店ですね。
ちなみに、次は丸優ではありません(^^;)
Posted by オゴポコ at 2006年11月11日 12:57
香とともに大分訪問時には行ってみたい店なんですが、毎回忘れてしまいます。次回こそはと思ってます。参考にさせていただきます。
Posted by 冬ちゃん at 2006年11月11日 23:49
>冬ちゃんさん
香も一骨家も、大分にしては珍しい骨っぽい豚骨ラーメンなので、
一度は行ってみるのもいいかと思います。
あまりサプライズはないと思いますが・・
Posted by オゴポコ at 2006年11月12日 17:38
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック

一骨家@古国府
Excerpt: 大分市内の人気店で以前から行ってみたいと思っていた店です。おさるの湯に行った帰りに温泉仲間が連れて行ってくれました。感謝です。 店内はおしゃれなバー風で内装からはラーメン屋と判断しにくくなってお..
Weblog: ラーメンと温泉を求めて2千キロ
Tracked: 2006-12-02 15:22
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。