2006年11月05日

香蘭@佐伯 − 大蒜豚骨油な風景

香蘭.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

とある日曜日、ほどよい陽気につられて車を3時間ほど転がしていると、
あら不思議、いつの間にか大分県佐伯市の有名店、香蘭に到着していたのでしたるんるん
・・というのはもちろんウソでして、実際は前回振られた無念を晴らすべく、
前日に今日の営業を電話確認し、準備万端整え綿密な計画を立案しやってきたのです
パンチ

時刻は12:30。うら寂しい住宅街とは対照的に、異彩を放つ繁盛ぶりを見せる店内はほぼ満員。
昼なお薄暗い店内はカウンターとテーブル席1つ。
わたしはカウンターの端に座り、「ラーメン」ひとつを厳かに注文します。

厨房の上に備え付けられたテレビからは、NHKのど自慢の歌声が流れてきます。
(今日は、福島県いわき市・いわき市平市民会館からお送りしております)

シンとした店内。寡黙に作り、寡黙に食べる神妙な雰囲気を打ち破ったのは、のど自慢の合格の鐘!!
そのとき、店主、客、双方から「おぉ〜っ!」とあがる歓声!
皆、笑顔で喜びを分かち合っています(何だこりゃ?)

香蘭ラーメン.jpg

のど自慢も一段落し、どうやら「ラーメン」が出来上がったようです。麺は平ザルであげています。
ちなみに、メニューを見るとチャーハンや日本酒、ビール等も用意されてます。

「ラーメン」ですが、少なめのスープに中太麺。そのスープは、噂どおり、
油、大蒜、胡椒の三種の神器で食わせる乱暴者!!
スープそのものは、おそらく割と強めの豚骨だと思われますが、あまり表に顔を出しません。
更に、麺を持ち上げるとスープがまとわりつき、そこへゴマ、ネギ、モヤシも
参戦し混沌とした一杯となっております。
ただ、残念なのは、食べ進むと塩辛さが目立つのと、食後の後味の悪さ。
ジャンクさと引き換えの代償は大きいようです。

とにかく、念願かなってやっと食べられたラーメンでしたが、正直に言います。
「ジャンクさ」というカテゴリーで考えると、味や方向性は違いますが、
東京の二郎系のラーメンを知っている人にとってはあまり驚きはないかな、と。

しかし、九州全体を見渡したうえで考えると、「佐伯市のみで味わえる特異なラーメン文化」
という意味では一食の価値ありではないでしょうか。ま、鐘2つといったところでどうかな?演劇

↑写真は全てクリックで拡大します!

香蘭
住所:佐伯市鶴岡町3-11-57
時間:12:00〜14:30、18:00〜20:00
休み:不定
HP:?

点数:3.8点

※地図で場所を確認したい方はこちら↓をクリックしてください

posted by 拉麺本位 at 22:06 | Comment(2) | TrackBack(1) | 訪麺:大分県
この記事へのコ麺ト
こんばんは。

僕も期待が大きかったせいか
思った程ジャンクじゃなかったというのが
正直な印象です。

楽天の方がジャンクでしたよ。
食べました??
Posted by たけひこ at 2006年11月05日 23:10
>たけひこさん
こんばんわ。
楽天、食べましたよ〜!同じ系統のラーメンながら、
出来映えは香蘭よりよかったです。
この後、登場予定です!
Posted by オゴポコ at 2006年11月06日 00:07
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック

香蘭@佐伯
Excerpt: 続いて佐伯市の香蘭へ。 この店はいろいろな人に 印象に残ったとか良い(?)話を 聞いていたのでかなり興味を 持っていました。 何年も前から行ってみたかった店ですが、 念願かなって初訪問..
Weblog: たけひこのラーメン全国食べ歩き
Tracked: 2006-11-05 23:04