2006年10月16日

69'N'ROLLONE@相模原 − シンプルにバッチリすごい

69nrollone.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

関東遠征ラストスパートの5軒はすべて神奈川県です。
「未食&定番」の店を中心に周りますが、開店1年未満にも関わらず、
ラーメンマニアの間で抜群の評価を受けている「69'NROLLONE」が優麺順位筆頭です。

到着時刻は、開店10分前の10時50分。
TV番組に出た影響で、最近、行列が凄いと聞いてましたが、なぜか待ち客なし。
しかし、ホッとするより先に「臨休」の二文字が脳内を駆け巡り、心拍数を高めます。
が、どうやら店内に人がいるようなので、そのままシャッターの前に「気をつけ」で直立不動。
以降、「前にならえ」で並んでください、みたいな。

11時過ぎ。
後ろに6〜7人の行列ができたとき、店の裏手から腕章をつけたお兄さんが小走りで近づいてきます。
一人一人に「前にならえ」「一万円札は使用不可」の旨を伝えてまわります。

69nrollone2号らぁめん.jpg

現在、追い鰹を加えた「1号らぁめん」はやってないので、基本の「2号らぁめん」の食券を購入。
カウンター席のみの店内、一番端に座って工程を見つめます。

ここで、ちょっとしたハプニング。行列順位第3位の客が発した次の一言。

「麺かためで。」

髪をリーゼントでバリッと固めた店主ですが、麺は硬めにできるはずがありません。
ただ、「やわめはいくらでもできます」とのこと。これはちょっと意外な事実。

それにしても店内、これだけの客がいるにも関わらず、水を打ったように静まり返ってます。
まるで、ゴルフのパット前か、テニスのラリー中のように、示し合わせたように言葉を発しません。
ひょっとしたら、先ほどのお兄さんが、後ろで「お静かに」の札を掲げていたのかもしれませんが未確認です。

1杯ずつ、実に丁寧に作られた「2号らぁめん」が目の前に差し出されました。
秋田比内地鶏のダシ、天然の高級醤油タレ、鶏油で構成されたスープは、鳥肌が立つほどなめらか
それに、何と言うか「丸い」。丼の中で、全てが丸く収まってます。
ツルッツルに研磨された完全な球体を見せられたときのような、シンプルな技の凄みを感じる醤油ラーメン。
天然素材だけでも、旨味はかなりしっかりして物足りなさは皆無です。
そして、そのスープに溶け込むかのような、やわめ極細麺。合ってます。

感心しきりで外に出ると、先ほどのお兄さん、ずっと外にいて行列整理してました。つまり、
行列整理のためだけに雇われているのかもしれません。

たぶん、彼が暇になることは当分、いや、ずっと無いでしょう・・。

↑写真は全てクリックで拡大します!

69'NROLLONE
住所:相模原市上鶴間本町4-34-7
時間:11:00〜18:00
休み:なし
HP:?

点数:5.0点

※地図で場所を確認したい方はこちら↓をクリックしてください

posted by 拉麺本位 at 02:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | 訪麺:神奈川県
この記事へのコ麺ト
おつかれ麺です。
今回一番気になったのがコレです。
写真拝見しただけでトンコツバカにも旨さが伝わってきました。
ラースタに来ませんかね(^o^;)
Posted by tafkap at 2006年10月17日 21:21
>tafkapさん
ぜひ、一度食べてみてください!
多分、ラースタに来ることはないと思うので、ぜひ現地にて。
Posted by オゴポコ at 2006年10月18日 12:54
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのTrackBack URLです。コピーを押したあと、”Ctrlキー+V”または
”右クリック→貼り付け”で貼り付けできます。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。