2006年09月16日

天琴@山鹿 − あのぅ、ラーメン屋ですか?

天琴山鹿.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

玉名市を後にした一行は、一路、山鹿市を目指します。
次の標的は、「天琴@玉名」の兄弟が営む「天琴@山鹿」。天琴関連ということで、
「天琴@玉名」ほどでは無いにしても、今遠征の最高得点を期待しての訪麺です。

到着時刻、15時50分。中休み終了まで10分ほどありますが、
店の前まで来ても全く人の気配がしません。「臨休」の二文字が脳裏を掠めますが、

「約束の時(16時)まで気を抜くなっ!!」

とじーの副部長と励まし合い、16時にもう一度店の前へ。
相変わらず人の気配はありませんが、なぜか営業態勢は整っておりましたどんっ(衝撃)
というかこの店、冷静に考えると、

「天琴」の意味を知らない人にとっては、何の店だか皆目見当がつかないのでわ!Σ( ̄口 ̄;;

単なる通りすがりの一般人である我々は、何食わぬ顔で扉を開けて中に入ります。

天琴山鹿ラーメン.jpg

店内は、カウンターとテーブル席。給水機から自分でお冷を入れ、奥の席に着きます。
メニューは「ラーメン 500円」「ラーメン大盛 600円」のみ。
二者択一問題を出された我々は、素直に「ラーメン」と解答します。

さて、正解の「ラーメン」ですが、ニンニクチップどころか、ニンニク油もありません。
当然のようにレンゲもないので、直接、白濁スープを啜ります。う〜む、これは・・
油なのか、タレなのかは分かりませんが、かな〜り甘ったるいスープです。
その中に、微妙に旨みも混じっており、何となく「天琴@玉名」の甘さと強引に
結びつけることも出来そうですが、別物であると言わざるを得ません。
麺は、やわやわのでろ〜んとした中太ストレート。薄めの巻きチャーシューが2枚。

確かに、人間の脳は「甘み」「旨み」「油」に対して満足感を得るように
できていますが、ここまで極端だと、感心してしまいます。
これからも、人気店「天琴@玉名」の裏の顔として、ひっそりと頑張って頂きたいものです。

↑写真は全てクリックで拡大します!

天琴
住所:山鹿市山鹿1509
時間:11:30〜15:00、16:00〜20:00
休み:水
HP:?

点数:3.7点
じーの 3.7点


※地図で場所を確認したい方はこちら↓をクリックしてください



posted by 拉麺本位 at 02:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | 訪麺:熊本県
この記事へのコ麺ト
わざわざ山鹿までおいでいただいてありがとうございます。この店はニンニクチップもありますよ。地元では入れてもらってる人が多いです。「入れる?」って聞かれなかったのは、オゴポゴさんも地元民に見られたのかな?
とにかく愛想なんて何にもない店です。
Posted by けん at 2010年05月16日 15:56
>けんさん
地元民ぽさは無かったと思うので、もしかすると、ニンニクチップ切れだったかもしれません。
Posted by オゴポコ at 2010年05月27日 20:47
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。