2011年09月20日

久保田 本店@京都市下京区 / 東本願寺と西本願寺の間で吟醸なラーメンを食す

久保田.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

皆さん「吟醸らーめん」と聞いて「味噌つけ麺」がオススメの店があるなんて、想像できますか?でも実際にあるのです。
場所は京都、東本願寺と西本願寺の間。これを聞いただけで、すごく徳の高そうな店に思えるから不思議です(俺だけか?)

久保田吟醸つけ麺小.jpg

「吟醸つけ麺小 800円」

厨房を見ていると、中華出身なのか、中華鍋でつけ汁を仕上げていきます。
麺は、飛ぶ鶏ガラを落とす勢いの製麺所「棣鄂」かな。極太麺、がっちり、押し返しが強く香りありありで良。
つけ汁には挽き肉がたくさん沈み、強い味噌味とスパイス臭。汁量多めで、片栗粉のようなとろみが特徴。

味が強すぎて後半麻痺しますが「癖になる味」かつ「常習性がありそうな味」だと思います。

↑写真は全てクリックで拡大します!

訪麺都道府県:京都府
お店の公式サイト:http://www.actman.info/ginjo/index.html
※住所、営業時間等の情報は「お店の公式サイト」か、「ラーメンバンク」の検索でどうぞ。

点数:4.0点(吟醸つけ麺小 訪麺日 2010/12/25)
posted by 拉麺本位 at 01:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | 訪麺:京都府
この記事へのコ麺ト
おつかれ様です
吟醸らーめん久保田の
麺は9月21日本日より
待望の自家製麺です

刑事コロンボ さらばテイガク
Posted by m at 2011年09月21日 11:58
>mさん
なんと21日からとはご縁を感じます。
ちなみにオゴポコはコロンボみたいな紋きり型ドラマが嫌いです。
Posted by オゴポコ at 2011年09月23日 02:34
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。