2006年08月02日

しる商人@田川 − ラーメン力が100あがった!!

しる商人メニュー.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

前回の訪麺で好印象だった「しる商人」へ再訪しました。目的は、基本メニュー「中華そば」の確認。
前回食べたのは約2年前なのであまり記憶にないのですが、
実はほとんど印象に残ってないんですね〜これが。

あえて分かりやすく(?)ドラクエWの称号(トルネコ)に例えると、下積み商人という感じだったと思いますが、
さて、2年の時を経て、どこまで称号はランクアップしてるでしょうか・・?

しる商人油そば.jpg

さあ、「油そば」が届きました。。。え、何で「中華そば」じゃないのかって?
大丈夫です。これを食べたら、すぐに中華そばを食べますから。

この「油そば」、東京で食べられるモノとは違ってジャンクさはさほどありません。
しかし、「中華そば」と同じ細縮れ麺に、濃いめの醤油タレとラー油を絡めた後のアツアツ感は、
「しる商人風油そば」として世界観の統一を保っています。イイ感じです。

しる商人中華そば塩.jpg

こちらが2杯目の「中華そば塩」ですが紹介する前にひとつ伝えねばならないことがあります。

麺類を注文後、追加でトッピングを頼んではいけません!!!

理由は大将が調理に集中したいから、らしいです。これには相当な拘りがあるようで、
店内に貼られた注意書きに加えて、店員さんから口頭で事前説明が行われます。
まるでドラクエで旅に出る前の王様の説明のように感じますが、
ちゃんと守らないと王様(大将)にお叱りを受けるかもしれないので素直に従いましょう。

本題(中華そばの説明)に入ります。結論から申し上げます。

現在、福岡県内で一番好きな塩ラーメンです、コレはっ!!

丁寧な旨味を感じさせる動物系ダシは、自分が福岡にいることを忘れさせてくれそうな良質スープ。
そこに余分な手を加えず、塩ダレと若干の油だけで勝負するシンプルマジ塩ラーメンです。
具もシンプルですが、メンマとほろほろ崩れるチャーシューも手がかかってます。

麺はどうやら全メニュー共通らしく、黄色い細縮れ麺。硬めの茹で具合がスープによくあってます。

下積み商人どころか、富豪商人くらいまで称号がアップしてそうです。

ちなみに店員さんに聞いたところ、大将は名古屋で修行したらしいです。
一品料理もあるので、ひょっとしたらラーメン屋ではないかもしれませんが・・。

しる商人中華そば醤油.jpg

こちらは同行のしばっち客員が食べた「中華そば醤油」。
ニンニク&豚骨をこよなく愛する彼がスープまで完飲してました。もう何も言うことはありません。

もう1人、初めて同行した「語るの大好き、たけぼう客員」は「つけそば」を食してましたが、
これまた和風ダシを絶賛!!

なるほど、醤油&塩&細縮れ麺にも関わらず、2年以上全滅せずに生き抜いているのは、
このレベルアップ&装備充実あってのものですね。

ただ、我々が食べている間、客が誰も入ってこなかったのは少し気になりますが・・
道を挟んで向かいに移転してきたデスピサロ「山小屋本店」に苦戦しているのか?
筑豊のトルネコが全滅せぬよう、今後も後方からスクルトで支援させてもらいます。

↑写真は全てクリックで拡大します!

しる商人
住所:田川市大字夏吉1424-5
時間:11:30〜22:00
休み:火
HP:なし

点数:油そば 3.8点
中華そば塩 4.2点


※地図で場所を確認したい方はこちら↓をクリックしてください

posted by 拉麺本位 at 23:20 | Comment(3) | TrackBack(1) | 訪麺:福岡県>筑豊地区
この記事へのコ麺ト
『しる商人』1/月くらい行きます。
筑豊地区の塩ラーメンならば『時計台』,『ポンポン亭』も美味しいと思います。
Posted by みごろ at 2006年08月03日 08:10
そうそう、久々に田川を通ると、山小屋本店が突如できてた。
トンネルの手前の山小屋はどうなるんだろ?
でも、あそこで焼肉はどうなんでしょうね。。。
Posted by ぴっこりーな at 2006年08月03日 12:00
>みごろさん
ポンポン亭の塩は未食ですが、どんな感じの塩ラーメンですか?
>ぴっこりーなくん
本店が移転しても、やっぱり焼肉屋と同居してるみたいです。
Posted by オゴポコ at 2006年08月03日 14:41
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック

しる商人
Excerpt: 北九州帰省のついでに、ブロガーから好評加を得ている「しる商人」まで足を運んでみた。大きな大きな山小屋新本店を通り過ぎるとすぐ見えてくる店舗には、スープのコダワリが書かれている。
Weblog: ばにきゃん 麺と愛娘とバイクと酒ブログ(福岡人)
Tracked: 2006-08-18 18:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。