2006年06月25日

空海@大田 − 不毛の地の希望麺

空海.JPG

おつかれ麺です。オゴポコです。

東京から福岡へ帰ってきたのも束の間、友人Kから一本の電話が。

「友人S(出雲市在住)の披露宴、行けるよね?」

というわけで、出雲へ行く途中、大田市の「空海」へ寄り道しました。
実はこの店、全国的な知名度は無い店ですが、ラーメンマニアの間では島根の名店
として認知されている山陰の雄なのです。
ちなみに店主は和食出身で、あの和食の鉄人「神田川」で働いていたようです。

空海店内.jpg

実を言いますと、こちらのお店へは二度目の訪麺になります。
一度目は約1年前、前述の友人Sを訪ねて出雲へ遊びにいったときのことでした。
前回、なかなか良い印象を持ってたので、今回もちょっと立ち寄ってみたわけです。

前回と同じく基本の「空海ラーメン」を注文です。

空海ラーメン一年前.jpg空海のラーメン.jpg

さてここで問題です。
一年前と今回のラーメンを並べてみました。どちらが今回のラーメンでしょう?

ていうか、ほんとに同じラーメンか?と思われるでしょうが、
一年前と同じ席に座り、同じデジカメで撮ってます。間違いないです。

肝心の味ですが、島根のローカル雑誌の記述によると魚の風味のするラーメンを目指したとのこと。
マグロ、煮干、鰹節に豚、鶏、野菜を独自の配合で加えているそうです。

が、確かに最初は磯の香りが漂い「おっ!」と思いますが、あまり長続きはせず、
明確なインパクトが無いまま、割とはっきりとした甘めのタレの方が主張してます。

こんな味だったっけ・・?

と首を傾げながらスープを飲み続けますが、どうも記憶が合致しません。

しかし、麺と具は一年前と全く同じでした。
弱点と思っていた頼りない細縮れ麺は個性的なスープを支えるにはちょっと実力不足。
ヒゲのついたもやしは相変わらずで、正直邪魔。
チャーシューは濃い味付けの角煮風で個性の強い特異派。
煮玉子はトロトロの黄身で無難に美味しいです。

はい、ここで正解の発表です。正解は右側ですが、
違ったのは見た目だけでは無かったということですね〜、たまたまのブレ
かもしれませんが。

結果的には一年前の方が好印象だったわけですが、
同行の友人Kは喜んでたし、この辺鄙な土地でひとり頑張る心意気に今後を期待しましょう。

でも、次ココに来ること、あるのかな・・?

↑写真は全てクリックで拡大します!

美味麺処 空海
住所:大田市大田町イ731-6
時間:11:30〜14:30、17:00〜22:00
休み:木
HP:?

点数:3.7点
(一年前)4.0点


※地図で場所を確認したい方はこちら↓をクリックしてください



posted by 拉麺本位 at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 訪麺:島根県
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。