2006年06月13日

ふらり@別府 − こちらの湯は4種の効能がございます。

ふらり.JPG

おつかれ麺です。オゴポコです。

とある事情により、湯布院へやってきた麺バー2名(わたしとダイケン客員)。少し時間が出来たので、
当然のようにじゃあ別府までラーメン食べに行こうかとなりました。

そこで選んだのは、九州ではちょっと珍しい東京ナイズされたラーメンを提供する「ふらり」です。
念のため言っておきますが、
こちらのお店、決して鉄輪温泉に擬態しているわけではありません。

ふらり内装.jpg

カウンターと小上がり席の店内は、綺麗に清掃が行き届いており好感度大です。
月並みですが、温泉のように寛げる店、といったところでしょうか。

ふらり豚骨.jpgふらり醤油.jpg

ダイケンは「とんこつらーめん」、わたしは「中華そば(しょうゆ味)」を注文。

中華そばは、おとなしめの醤油味に特徴を与える香味油が入り、ある意味
落ち着いて飲める大人のスープといった風情です。そこに合わせられた麺は、
少し透明がかった緩やかな縮れ麺、これは良いコンビです。

で・す・が、如何せん柚子の味が強すぎる!

折角の大人の味わいが、柑橘系の香り一色に支配されています。これは残念。
個人的に、上質なスープには柚子の香りの入浴剤は要りません。

さて「とんこつらーめん」の方はというと、豚骨スープと鶏がらスープをブレンドしているそうで、
ちょっとシチューっぽい乳化がかった旨みが後を引く個性的な豚骨ラーメンになっています。

で、本来ならばココで終わるところですが、辛口なダイケンから信じ難いひと言が!!

「もう1杯、いっとく?」

あまり時間も無いし、じゃあもうひとっ風呂浴びるとするか。

ふらり豚骨醤油.jpgふらり塩.jpg

わたしは「豚骨醤油」、ダイケンは「塩らーめん」を注文。

豚骨醤油のスープは粘性が高くドロロッとした食感。舌にかなりの重力を感じますが
非常に明確なコクが好印象です。驚きはありませんが、分かりやすい訴求力のある味です。
塩らーめんは、こちらも柚子が効いてはいますが醤油よりも抑えめか?
それほどしょっぱくはなく、出汁そのものの美味しさがダイレクトに味わえます。

4杯も食べたので、ついつい長湯になってしまいました。
ついでに若い店主と少し話をしてみると、予想どおり、
東京の某ラーメン屋さん(町田市)で働いていたそうです。

「働いていたところとはまったく違う味を一から作った」

そうで、それ故に出身店名を伏せているのでしょう。
しかし、今日食べた4種類の他に「味噌らーめん」も含めて5種類のラーメンを
提供し且つそれぞれがいい湯だな状態を保っているのですから、成長が楽しみな店です。
福岡にもしばしばラーメンを食べに行っているそうで、非常に勉強熱心。
今後更なる効能を期待しております。

↑写真は全てクリックで拡大します!

ふらり
住所:別府市大畑4-1
時間:11:00〜15:00、18:00〜20:00
休み:水
HP:?

点数:
中華そば醤油 3.8点
豚骨醤油 4.2点
ダイケン:とんこつらーめん 4.0点
ダイケン:塩らーめん 3.8点


※地図で場所を確認したい方はこちら↓をクリックしてください

posted by 拉麺本位 at 03:02 | Comment(2) | TrackBack(2) | 訪麺:大分県
この記事へのコ麺ト
こんばんは。
ここの店は何度か通りかかって興味がありました。
一度食べてみようと思って行ってみるとスープ切れで閉店していました。。。今度別府に行く時は食べてみたいです。
Posted by 冬ちゃん at 2006年06月13日 17:34
>冬ちゃんさん
個人的には豚骨醤油がオススメですが、
他のラーメンも佳作ぞろいなので何度も通える
お店だと思います。
よろしくどうぞ!
Posted by オゴポコ at 2006年06月13日 21:45
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック

陸(世田谷)
Excerpt: 東京近郊の夜景を集めたサイトです。世田谷区の「陸」はコッテリ系の醤油ラーメンで、チャーシューが絶品です。
Weblog: 夜景In東京
Tracked: 2006-06-19 10:01

ふらり@大分県別府市
Excerpt: 店名:ふらり 住所:大分県別府市大畑4−1 営業:11時−15時 18時−21時(スープ切れ終了) 休日:水曜日(不定休あり) 食べたもの:中華そば 500円 お勧め度:★★★☆☆ ..
Weblog: 夢夢ちゃんの人生確変で行きたい
Tracked: 2006-08-30 19:40