2011年01月09日

庵悟@さいたま市南区 / 濃厚の王道を突き進む、濃厚民族納得のつけ麺

庵悟.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

「六厘舎」兄弟店、出身店が日本各地に発生している昨今、全てを制覇し「スーパー六厘者」になることは難しくなってきました。
しかし、それでもあえて目指すのが真のラヲタ。一軒一軒こなしていきしょう。今回は「次念序」出身という話を耳にする「庵悟」を訪麺。

庵悟中華そば.jpg

「中華そば 700円」

麺量は200Gとラーメンにしては多め。ややかために仕上がった中太麺を引き上げると、スープの水面に浮いた魚粉が絡んできます。
スープ自体は、シックかつサラリとした豚骨魚介系。麺量が多いので、途中変化が欲しくなります。

庵悟つけめん.jpg

「つけめん 800円」

麺量は300G。ガチ太麺に、濃度十分のつけ汁。つけ汁は、甘みと旨味が凝縮し一気にブーストしたようなインパクト汁。
汁の減りが早い!「つけめん」は「次念序」や「仁鍛」より好みです。濃厚王道を突き進む無骨さがたまりません!
この「つけめん」なら、ハードな濃厚民族も納得でしょう!
濃厚民族化しつつあるブラックサンダー氏も大満足のご様子。

余談ですが濃厚民族界では「食楽」2011年2月号の「無鉄砲」の紹介で「濃厚民族」という言葉が
掲載されたことが一大ニュースとなっております。まだの濃厚民族はぜひ確認を。

↑写真は全てクリックで拡大します!

訪麺都道府県:埼玉県
お店の公式サイト:?
※住所、営業時間等の情報は「お店の公式サイト」か、「ラーメンバンク」の検索でどうぞ。

点数:4.0点(中華そば 訪麺日 2010/11/27)
4.7点(つけめん 訪麺日 2010/11/27)

posted by 拉麺本位 at 02:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 訪麺:埼玉県
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。