2006年05月19日

再来軒@延岡 − これがほんとの宮崎ラーメン

再来軒看板.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

「熊本→宮崎→大分を南麺北馬」の六麺目は、延岡市内の超有名店「再来軒」です。
宮崎市に比べるとラーメン文化が盛んとは言えない延岡市ですが、この「再来軒」は別格!!
延岡にありながら全国区の知名度を誇る、宮崎県を代表する名店なのです。

ただ、延岡は遠かった・・なんせ、宮崎市から一般道のみをひたすらまっすぐ2時間あまり。
店の階段を上がる頃には、もうヘロヘロでした。はて、どんな麺が待っているのか・・?

再来軒店内.jpg

店内は意外にも先客0。食券を買ってカウンターに着席すると、
キッチンの奥から女性がでてきます。徐に食券を受け取ると、黙って調理にかかりました。

なんだ?この覇気の無さは・・?

名店ならではの威勢の良さや活気を想像していただけに、まるで冴えない中華料理屋のような
テレビの音だけが響き渡る店内に相当な違和感を抱きました。
が、まあとりあえず辺りを観察してみます。

再来軒メニュー.jpg

「宮崎とんこつらーめん」
ここ宮崎で初めて目にするジャンルです。こう言うからには、この店のラーメンこそが
本当の「宮崎ラーメン」なのでしょう!
さらに、有名なラーメン評論家の方々のサイン等も誇らしげに飾ってあります。

どうやら、この店は本物の再来軒のようです。よかった。

再来軒ラーメン.jpg

食べる前は、勝手に濃密久留米系豚骨を想像してましたがさにあらず。スープは意外にサラッとしてます。
しかし、あっさりしつつも「豚豚豚!」と豚のうまみがしっかり出ているのは好印象です。
タイプは違いますが、何となく「いいときのいちげん」を思い浮かべてしまいました。

かためでプツッとした食感が心地良い自家製麺もいい感じ。具はたっぷりの細切れチャーシュー、
絡まったメンマキクラゲ、ノリ&コショウ、ネギと賑やかです。

想像とは違いましたが、一般的に語られている「宮崎ラーメン」とは全く異なる「宮崎ラーメン」を堪能し、
ふと思ったのは、

何でこのラーメンが宮崎県内に広まっていかないんだろう?

という素朴な疑問でした。何でかな〜?

↑写真は全てクリックで拡大します!

再来軒
住所:延岡市旭町1-3-12
時間:11:00〜10:30
休み:水
HP:http://www.sairaiken.com/

点数:4.2点

※地図で場所を確認したい方はこちら↓をクリックしてください



posted by 拉麺本位 at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 訪麺:宮崎県
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック

再来軒@延岡
Excerpt: 大分県の後に宮崎県に訪問。 まずは延岡市で有名店の 再来軒へ。 朝一番の訪問でしたが、豚骨スープは 濃度が高く良かったです。いわゆる 宮崎のラーメンとは違うと思いますが、 レベルは高い..
Weblog: たけひこのラーメン全国食べ歩き
Tracked: 2006-05-19 22:46
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。