2006年05月04日

狼スープ@札幌 − 狼の矜持はすみれ眷族一の拘りにあり

狼スープのれん.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

ビルの谷間、路地裏に潜む狼が一匹・・
札幌遠征2日目2軒目は「彩未」と同じすみれ出身の人気店「狼スープ」です。
気を抜くと見逃してしまいそうな場所にひっそりと店を構えておりますが、
見てのとおり、暖簾の端っこ以外、どこにも狼スープの店名は記されておりません。

外観からも感じられるように、こだわり度はすみれ系でも随一と言われる孤高の狼、
その雄叫びは如何ようなものでしょうか?

狼スープ専用麺箱.jpg

狼の巣への扉を開けようと近寄ると、おおっ!これは麺箱ですか?
暖簾を見ると西山製麺の麺を使っていることは分かりますが、麺箱でここまで自己主張するとは・・
早くもこだわりの一端が垣間見えます。

狼スープ店内.jpg

店内はカウンター席とテーブル席が2組。その間に名水らしきタンクが置かれています。
行列を覚悟していたのですが、意外と閑散としており拍子抜け&嬉しい誤算です。

狼スープメニュー.jpg狼スープ前金.jpg

麺類は「味噌らーめん」のみ!よって、一切迷う必要なし!
ただ、大盛、半麺、卵トッピングは可能です。サイドメニューには13時から炒飯
をオーダーできる旨が記されています。
そして料金は前金制。食券だと違和感は無いのですが、手渡しでの前金には違和感を覚えるのは
わたしだけでしょうか?多分、珍しいからだと思いますが。

狼スープ味噌らーめん.jpg

「味噌らーめん」一丁あがり!まずスープからいっときますが、
ほほっ、これは意外や意外!「すみれ」より軽めのスープとは聞いてましたが、
「すみれ」とも「彩未」とも違う油っこさ控えめなまろやかマイルドすみれといった感じです。
何だか、普通の味噌ラーメンをすみれ風に進化させたような、しかしやっぱりすみれ
という不思議な感覚が襲ってきます。
麺はがっちりした噛み応えの麺で好印象。ただ、もやしがちょっと生っぽいのはマイナス要素です。残念。
チャーシューは「彩未」と同じく一枚キチンと入ってます。さらに丼の底には、
狼が狩ったと思われる豚達のひき肉が沈んでおります。ブルブルたらーっ(汗)

個人的には、すみれエリートの彩未よりユニーク度満点の狼スープの方が好みだったのですが、
店内のアンケート用紙や店主のブログを見る限り、この狼は更なる種の進化をもたらしてくれそうです。
次回訪麺時には、更に高みへと響き渡る咆哮を聞かせてもらえることを期待します!

↑写真は全てクリックで拡大します!

狼スープ
住所:札幌市中央区南11条西1-5-1
時間:平11:00〜16:00、土日祝11:00〜20:00
休み:水(祝の場合は営業)
ブログ:http://ameblo.jp/ookami-soup/

点数:4.8点
じーの:4.7点


※地図で場所を確認したい方はこちら↓をクリックしてください



posted by 拉麺本位 at 22:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 訪麺:北海道
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。