2010年11月12日

福ヤ@港区麻布十番 / そうだったのか!屋号の由来とラーメンの歴史

福ヤ.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

「くるめふるさと大使」のカリスマ社長・貞方氏が開いたという「福ヤ」は、久留米の老舗
「大栄ラーメン」協力のもと生まれた新店です!
・・・いや待て。貞方氏のブログをよく読むと「秀ちゃん」グループも絡んでいる模様。
ということは「久留米呼び戻し」と「博多呼び戻し」の夢のコラボということか!

福ヤ久留米ラーメン.jpg

「久留米ラーメン 700円」を注文。

厨房を覗くと大きな羽釜が二基。テーブルには「一風堂」のような「辛モヤシ」、メニューには「替え玉」とあります。
細ストレート麺は博多ラーメンぽい太さ。レンゲですくうとやや骨粉が残るスープは油っこさが目立つものの、
思いのほかしっかりしてます。無化調らしいのですが、旨味は十分。なお、カリカリの存在感は希薄。

福ヤこだわり.jpg

ラーメンの歴史をご存知ない六本木界隈の方々のために、懇切丁寧なラーメンの歴史の解説。痛み入ります。

ちなみに屋号の由来は「久留米には名前に【福】が付くラーメン屋さんが多いから」だそう。
確かに「丸福」とかは思いつくが、そんなに多かったのか。知らなかった・・・。
総じて久留米色は薄いものの「呼び戻しコラボ」を体験できたのは収穫でした。

↑写真は全てクリックで拡大します!

福ヤ
住所:東京都港区麻布十番4-3-1
時間:11:30〜翌5:00(早じまいあり)
休み:なし
HP:?

点数:3.8点(久留米ラーメン 訪麺日 2010/09/28)

※お店の地図は↓のMapFanをクリック

posted by 拉麺本位 at 01:39 | Comment(0) | TrackBack(1) | 訪麺:東京都
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック

元祖久留米らーめん 福ヤ@麻布十番
Excerpt: 10月20日(木)の昼に麻布十番の元祖久留米らーめん 福ヤに行きました。こちらのお店は石神本にも掲載されたお店で、くるめふるさと大使の貞方氏が開店したお店だそうです。その他の情 ...
Weblog: たけひこのラーメン全国食べ歩き
Tracked: 2011-11-03 20:24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。