2006年04月12日

紅蘭@下松 〜 まさかアノ味に出会うとは・・

紅蘭外観.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

山口県の東の果てに、牛骨ラーメンを信仰する市が存在するらしい・・

そういう都市伝説を耳にしてからどれくらい経ったろう。
ようやく、かの地「下松市」へ辿り着くことができました!
最初に訪れたこの「紅蘭」は、下松の地に店を構えて約50年という超老舗。
下松牛骨ラーメンの始祖的存在であります。

今回の同行者は、面白いこと大好きな客員たち。ダイケン、たいちゃん、しばっちのフルメンバーです。
豚骨で育った彼らがどういった反応を示すか、これも要注目です。

紅蘭店内.jpg

昼どきということもありますが、広い店内は(おそらく)地元客でいっぱい!
このお客さん達が、皆、牛骨ラーメンを食べて育ったのか、と思うと不思議な気がします。
とりあえず、豚骨帝国主義の国で育った我々は、ここでは完全にアウェイ。
ガッチリと守りのフォーメーションを崩さず、店内の椅子に座って機会を待ちます。

紅蘭お品書き.jpg

ようやく、席へ案内され、メニューを眺めます。
麺の硬さや脂の濃さを指定可能のようですが、もちろん、手堅く
「中華そば並」を4つ注文です。

紅蘭中華そば並.jpg紅蘭中華そば並アップ.jpg

さ〜て、牛骨ラーメンとはどのようなものか?これほど期待しながらひと口めを
味わうのは久し振りです。

ズズ・・

え?吉○家のつゆ?いや、違う、これはラーメンのはず・・。
最初は少ししょっぱさを感じたましたが、甘さがはっきりと目立つスープは、若干単調さ
が目立ちながらもなぜかレンゲがすすむ魔性の魅力を備えてます。
麺は、少し硬めのストレート。これも、結構好みの麺です。

麺、肉、麺、もやし、麺、ネギ、牛、牛、牛、牛・・・

この不思議な食べ物を口にして、一心に麺、具、スープを食らってしまい、
客員たちの反応を見るのを忘れていました。箸を止めてちょっと聞いてみると、
一同、口を揃えて、

「いや〜っ、まさか、牛丼食べさせられるとは思わんかった!」

やっぱりか!しかし、彼らの顔はみょ〜に満足気。
確かに牛丼テイスト、というか、個人的にはこの甘さは神座@大阪にも通じる何かを感じましたが、
結局、満足している自分に気がつきました。

たいちゃん、しばっちは、思わぬ牛魔王の降臨に大満足のご様子。しかし・・
ダイケン客員だけは、どうにもあのスープが合わなかったらしく不満たらたら。
「もう牛骨は要らん!」と牛骨卒業宣言も飛び出しましたが、3対1とあっては、
彼の意見は正に「九牛の一毛」。

次の牛を求めて、山口遠征は好スタートを切りました!
(少なくとも、このときはそう思っていた・・)

↑写真は全てクリックで拡大します!

紅蘭
住所:下松市本町1190
時間:11:00〜22:00
休み:水(祝の場合は営業)
HP:?

点数:4.1点
たいちゃん:4.0点
しばっち:4.5点
ダイケン:2.4点


※地図で場所を確認したい方はこちら↓をクリックしてください



posted by 拉麺本位 at 01:11 | Comment(13) | TrackBack(1) | 訪麺:山口県
この記事へのコ麺ト
吉野家風ラーメン?全く想像出来ないのですが、かなり甘いのでしょうか?肉うどん系っていうことですか?以前、牛骨ラーメンとかが春吉辺りにあった気がするのですが、甘かった記憶はありませんが……

しかし、しばっち客員さんには興味津々な今日この頃です!
Posted by tafkap at 2006年04月12日 22:58
>tafkapさん
毎度毎度、コ麺トありがとうございます。
紅蘭は甘いのは甘いですが、意外としっかり
した味です。肉うどんとはまた違いますが・・
ちなみに、しばっちのジャンクっぷりはまだまだ加速しております!
ここには書けないような感想が結構ありまして・・
Posted by オゴポコ at 2006年04月12日 23:31
下松が田舎なんで 
いっつも帰れば 食べてます。

大阪にはない味 さいこーだと思うのですが、
個人差はあると思いますが…
 
くさみがほとんどないのは この店だけのような気がしますよ。(下松市のみ)ですが・・・

あと 神座本店 大阪道頓堀にありますが
もひとつです。  フランチャイズも始めたのでだんだん味おちるとおもいますよ.。。。
Posted by あまけん at 2006年08月12日 16:59
>あまけんさん
こんばんわ。
紅蘭以外で、おすすめの下松ラーメンってありますか?
ちなみに、神座と紅蘭を比較すれば、紅蘭の方が断然好みです。
Posted by オゴポコ at 2006年08月13日 01:40
オゴポゴさん、はじめまして〜
牛骨系の店、ピックアップしますね
・北斗亭(下松駅北口)
・めんくい(下松駅北口近辺)
・味ごころ(下松駅北口近辺)
・兼平(下松)
・まる勝(下松駅南口近辺)
・うきよ食堂(下松駅南口近辺)
・めんいち(光市)
・くら屋(光市)

現在の紅蘭は3代目がやっており、初代の時とはスープがかなり変わりました。初代→2代目の時にトラブルがあり、スープ担当の人が追い出されたようで、そのうちの一人が経営してるのが「うきよ食堂」です。
個人的にオススメは、「めんいち」と「うきよ食堂」です。
Posted by 紅蘭ウマー at 2006年08月14日 14:57
>紅蘭ウマーさん
詳細な情報提供、ありがとうございます。
紅蘭にそのような過去があったとは知りませんでした。
まことに興味深い情報です。
オススメ2軒は、次回訪麺時(未定)に行ってみます。
Posted by オゴポコ at 2006年08月14日 20:56
一年前の記事にコメントごめんなさい。

紅蘭は店舗の位置が変わるたびに不味くなっています。昔はスープに後から入れるタレなんて存在しませんでした。
また、あんなに甘くなったのは今の場所に移ってからです。

個人的には北口の北斗亭が変らぬ味を出していると思いますよ。
Posted by 南町 at 2007年04月09日 17:43
>南町さん
>一年前の記事にコメントごめんなさい。
何年前の記事でも受け付けてます。

>あんなに甘くなったのは今の場所に移ってからです
そうなんですかー。しかし、人気は相変わらずですね。

>北斗亭が変らぬ味を
北斗亭は甘くないんでしょうか?
先日は味ごころの方へ行ってしまったのですが、
ちょっと?でした。
Posted by オゴポコ at 2007年04月10日 21:37
>そうなんですかー。しかし、人気は相変わらずですね。
先日、久々に帰省したので紅蘭に寄ったのですが、はっきり言って大ショックでした。あんなに味が変わっているとは、、、。
もう行く事は無いかも。

>北斗亭は甘くないんでしょうか?
昔の紅蘭もそうですが、甘いと思った事は一度も無いです。
私の舌がおかしいのかも?
最近行っていないので、近況は解りませんが、、、、。
Posted by 南町 at 2007年04月11日 10:12
>南町さん
>もう行く事は無いかも
なるほど。他に牛骨で気になっているのは、
光市の「くら屋」です。
機会があれば行ってみようと思います。
Posted by オゴポコ at 2007年04月11日 13:00
確かに北斗亭のほうが昔の味を守っているとは思いますね。

紅蘭は確かに味が少し変わってます。
先代さんが生きていた頃の方が美味しいというのは、誰もが認めるところです。
しかし、今の味は、今の世代に合わせているとも我々三十路世代以上も思ってます。

なんにせよ、ここのラーメンは飽きがきませんので、いくらチェーン店が下松に出店してきてもビクともしないでしょうね。
Posted by わたる at 2009年11月11日 01:06
昔の紅蘭を知ってる人は行かないよ、昔は甘くなかった、物凄くコクが有り、脂が口に残る様な、何とも言えない、旨さが有った
Posted by 蓮 at 2010年09月17日 21:28
>蓮さん
昔の「紅蘭」に最も似ている店はどちらになるでしょうか。
Posted by オゴポコ at 2010年09月20日 15:53
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック

紅蘭@下松
Excerpt: 下松市に存在する牛骨ラーメンのお店です。 おそらくここが一番有名らしいです。 この後さらに3軒食べましたが、ここが一番良かったです。 同じ牛骨でも先月倉吉市で食べたいのよしとは ダシの感じが全..
Weblog: たけひこのラーメン全国食べ歩き
Tracked: 2006-04-12 01:15
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。